ツキ山古墳

兵庫県丹波市(旧青垣町)2009年4月訪問

円墳、R10
横穴式石室、全長5m
位置:35°13′35″N 135°00′57″E

北から見た古墳のある丘陵、中央やや右辺り、右端辺りに防ヶ谷古墳群


尾根筋に位置する墳丘


南向きの羨道はほぼ埋没


奥壁側が開口


開口部


玄室奥から羨道


奥壁の抜かれた玄室


側にある宝篋印塔、古墳は画面右奥


(見学記)

丹波市青垣町栗住野、道の駅あおがき南方1km、西芦田との境界をなす東に突き出た丘陵上にあります。東側から山道を登っていき電気柵が設置されている辺りから左手尾根の上に上ってみるとピッタシ古墳にたどり着きました。尾根筋よりやや南側に構築、石室は南向きだが入り口辺りは殆ど埋まっているが奥壁側が開口しています。奥壁が抜かれているだけでなく玄室自体も少し短くなっているかも。天井石は巨石で2枚残存。
すぐ側に南北朝時代の宝篋印塔がありこちらは県の史跡で説明板もあるのに古墳の方は市の史跡だが説明板は一切無し。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

ブログ内検索
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
最新記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

各県市町村別
最新コメント
リンク
QRコード
QR