古墳のお部屋ブログ館 TOP  >  岡山県  >  瀬戸内市 >  北池古墳群

北池古墳群

岡山県瀬戸内市(旧邑久町)2008年3月訪問

4基

1号
横穴式石室、玄室長6.3,幅1.9,高1.9m
位置:34°40′49″N 134°06′46″E

周囲が削られているが背の高い墳丘が残る


背の高い石室開口、前部は壊失か


大きな玄室


側壁もほぼ垂直に立ち上がる


巨石の鏡石を据えた奥壁、鏡石の形が変形タイプなので苦しい石組み


奥から外


2号
横穴式石室、玄室幅1.2,高1.6m
位置:34°40′52″N 134°06′49″E

神社鳥居前に石室露出


石室正面、前部はかなり破壊、天井石も傾いているようだ


天井石も傾いているようだ


ほぼ1枚石の奥壁


奥から外


石室背後から、石室全体が傾いているのかも


下方から、天井石2枚残存


奥壁は意外と薄い


3号
横穴式石室、玄室長5.1,幅1.3,高1.0m
位置:34°40′51″N 134°06′56″E

封土は石室をかろうじて覆う程度


石室正面


羨道は殆ど壊失、両側に柱状の袖石が残っている


石室内部、ゴミ溜め状態、左側の側壁がせり出している


全体に粗い石組み


天井石に削った跡が残る


上部が丸味を帯びた鏡石らしい奥壁


奥から外、片袖か両袖か


4号
横穴式石室
1号すぐ東側に石室露出


奥の天井石1枚残存、小型石室の割に巨石


奥壁は1枚石か、内部はゴミ溜め状態


(見学記)

現瀬戸内市邑久町北池、集落内にある4基からなる古墳群です。集落は谷奥にあるけど県道223号から東に折れて集落までの道は広くて楽、集落内は狭いので入り口にある公民館脇に車を止めて後は徒歩で見学した方がよさそう。1号は集落西端辺り、公民館から北に行くとすぐ商店がありこの前の細い道を西に6,70m程行くと階下に駐車場のある黄色い家があるので小道を北に入っていくと竹林の中に大きな石室が開口しています。墳丘は周囲が削られているが背の高い墳丘が残っている。前部が破壊されているがその分高さが強調されて大きく見える(実際大きいんだけど)。側壁はほぼ垂直に立ち上がり奥壁も巨石の鏡石を据えているがちょっと変形タイプなので左や上に石を詰めているがその分苦労したんじゃなかろうか。隙間に詰めた泥が残っている。すぐ東側に4号があるけど墳丘は流失し小型の石室露出。その割には1枚残った天井石は大型、奥壁も多分1枚石だけど玄室にゴミが溜まっているのが残念。こんなとこまでわざわざ持ってこなくてもいいのにな。2号は前記商店左側の小道を北に入っていくと神社鳥居前に石室が露出している。天井石は2枚しか残っておらず前部の破壊も著しい。奥壁は巨石の1枚石だが露出した背後から見ると大きさの割に薄く小さく見える。他の石室が南向きなのに対してここだけが南西に開口。石室全体が少し下側に傾いているようでしかも封土も無いし下の住宅はちと怖いんじゃなかろうか。3号は集落東端にあります。こちらも墳丘は殆ど流失石室をかろうじて覆う程度しか残っていません。玄室は完存だけど羨道は殆ど壊失、玄門に柱状の袖石が残っているが左側のは側壁に埋め込まれている状態で両袖式か片袖式か微妙なところ。内部はゴミ溜め状態、こういう例はままあるけど生ゴミまで捨てられているのはそうそうないぞ。先行者が確認したスイカもしっかり残っていた。右側壁が少しせり出しているが玄室の状態は良好、奥壁も上部が丸味を帯びたいかにも鏡石らしい1枚石なんだけどゴミが全てを台無しにしている。
[ 2013年04月20日 13:12 ] カテゴリ:瀬戸内市 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です/漢字表記の違いで古墳名で検索すると出てこないことがあります、その時は市町村名で検索してみてください
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR