古墳のお部屋ブログ館 TOP  >  岡山県  >  矢掛町 >  僧都古墳(仮称)

僧都古墳(仮称)

岡山県矢掛町 2009年4月訪問

横穴式石室
位置:34°37′40″N 133°34′44″E

丘陵麓近くの斜面に立地


状態よく整然と残る石室


石材はそれ程大きくはない


二段積み奥壁、表面を平面に整える


奥から外、無袖式かな


(見学記)

矢掛町小林、正蓮寺谷古墳群のある丘陵の東側麓近くに単独である古墳です。川沿いの集落一番奥の民家裏辺りですがちょうど家の人が外にいたので挨拶をして訪問。家の人は存在を知っていたが古墳とは知らなかったみたい。急斜面に構築された墳丘で南東に石室開口、無袖式の石室で内部もよく残っています。側壁の持ち送りも殆どなく奥壁は2段積み、表面も平面に整えられています。堤防沿いに車が入れて駐車スペースあり。
[ 2013年04月21日 15:07 ] カテゴリ:矢掛町 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です/漢字表記の違いで古墳名で検索すると出てこないことがあります、その時は市町村名で検索してみてください
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR