古墳のお部屋ブログ館 TOP  >  岡山県  >  矢掛町 >  若林古墳群

若林古墳群

岡山県矢掛町 1990年4月訪問、2009年再訪

円墳4基

(1990年)
1号(1号ではなかった)
横穴式石室
位置:34°37′41″N 133°36′27″E

藪の中の石室


石室内部


2号
横穴式石室、現存長1.9m
位置:34°37′45″N 133°36′27″E

前部破壊、露出した石室


かなり小型


3号
位置:34°37′42″N 133°36′25″E

奥壁と側壁の一部しか残っていない、まるで巨大な肘掛け椅子の様


(2009年)
2号
石室内に生えた木が大きく枝葉を広げている


石室正面、後部が残存


石室側面


石室内部、木がすっかり大きくなっている


3号
石室前に小屋が出来ていた


笹藪に覆われてしまった


4号
円墳
横穴式石室、現存長4.6,幅1.7,高1m
位置:34°37′40″N 133°36′16″E

背の高い墳丘が残るも大きく変形


前部が削られ石室後部残存


資料では高1mとなっているが、実際はもっと高い


大型石材を使った玄室


奥壁は2段積み、接触面が斜めなので何となく不安定な感じ


奥壁と右側壁


(見学記)
(1990年)
下池北側の緩斜面に4基分布,封土はなくなり石室が露出している。1号は集落背後の尾根先端に立地,竹藪の中に石室露出,天井石は奥側を除いて無くなっている,入室困難。2号は1号の 200m程北側畑の中,石室南側が無くなり奥部分のみ残存,石室としては小型で中に祠が祀られていることもあってまるで石の祠のよう,入室...入るまでもない。3号は1,2号の中間,奥壁と側壁のごく一部のみ残っていてまるで肘掛け椅子のように見える。奥壁の大きさからしてかなりの規模の石室と推定される。4号は不明。

(2009年)
最大の石室4号を見逃していたので再訪してみました。前回訪問の時参考にした矢掛町史(旧版)の方にも載っていたのに何で見逃したのかな。それはともかく場所は割と簡単に見つかりました。竹林の中に大きな墳丘が残っていますが南側が大きく抉られ石室も後部しか残っていません。それでも立ったままで入れるくらい大きな石室です。奥壁は巨石2段積みだけど上下の石の接触面が水平でなく少し傾いているため全体も何となく傾いているように見えます。序でに他の石室も見学、3号はすぐ前に小屋が建って隠されていましたが板壁がなくなっていて見通せる。ただ笹が茂ってきていてかっての巨大椅子の様な雰囲気はなくなってしまいました。2号は石室そのものは変わりないですが中に生えていた樹木が大きく茂ってきて石室の上に盛大に枝を伸ばしています。幹も太くなっていて天井石も少し動かされているんじゃなかろうか。このまま放置すると石室破壊に繋がるけど多分故人の所有物だろうからどうしようもないです。藪の中にあった1号は見つからず。
[ 2013年04月22日 10:07 ] カテゴリ:矢掛町 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です/漢字表記の違いで古墳名で検索すると出てこないことがあります、その時は市町村名で検索してみてください
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR