古墳のお部屋ブログ館 TOP  >  岡山県  >  岡山市中区 >  備前車塚古墳

備前車塚古墳

岡山県岡山市中区 2003年4月訪問

前方後方墳、TL48,RL24,RH3.8
位置:34°41′54″N 133°58′43″E

後円部東側、墳丘裾に葺石が見えている、三角縁神獣鏡11枚が出土したことで有名


前方部からくびれ部南側、石列が直角に曲がっているのが分かるだろうか


(見学記)
三角縁神獣鏡が大量に出土したことで有名で以前から行ってみたかったのですが興味が石室に移ると同時に行く意欲を失っていましたが今回やっと行くことが出来ました。南側麓の団地の奥に溜池と公園がありここに案内表示が出ています。ここから10分ほどで行けますが標高差は100m、かなり急傾斜の道で結構きついです。尾根先端を利用して造られた墳丘は割と良好に残っています。後方部の竪穴石室は分かりませんが墳丘裾の列石が所々に見えていて前方後方墳と言うことが分かります。特にくびれ部は裾石が直角に曲がっているのもよく分かります。これを見るだけでも登ってくる価値はあるかなと。国史跡。
[ 2013年04月22日 10:13 ] カテゴリ:岡山市中区 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です/漢字表記の違いで古墳名で検索すると出てこないことがあります、その時は市町村名で検索してみてください
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR