古墳のお部屋ブログ館 TOP  >  岡山県  >  岡山市北区 >  粟井古墳群

粟井古墳群

岡山県岡山市北区 2003年4月訪問

(1号以外は仮称)

1号
横穴式石室、全長10m、玄室長6,幅2,高2m(目測値)
位置:34°45′56″N133°47′18″E

谷間の田圃の中にある、墳丘は石室を覆う程度しか残っていない


石室正面


羨道


良好に残る玄室、奥壁はほぼ1枚石の巨石


奥から外、右片袖式、少し左側に傾いているかもしれない


2号
横穴式石室、全長10m、玄室長5,幅2,高2.5m(目測値)

石室正面


羨道


玄室、切石に近い加工がされた石材


奥から外、両袖式


3号
横穴式石室、全長8m、玄室長5,幅2,高2m(目測値)

墳丘


羨道


玄室、奥の天井が一段下がっている


箱式石棺?


奥から外、左片袖式


4号
道路下に開口する石室


長3m程度の小型玄室


(見学記)
ここはインターネットのホームページで偶々見つけ、石室墳が2基あるようなので行ってみました。岡山市の最北部辺り、国道429号を北上して県道76号を左折するとすぐ左手の棚田の中に1号墳(粟井大塚古墳)があります。墳丘は殆ど削平され石室を覆う程度しか残っていませんが全長10m以上ありそうな石室は割と良好に残っています。垂直に近い側壁、1枚石の巨石を使った奥壁など奥深い谷の中の古墳とは思えないような立派な石室です。ただ石室がなんとなく歪んでみえるのが気がかりでした。ホームページによれば2号墳は東側にあるはずだが見あたらない。近くの畑で働いている人に聞いてみたらすぐ側の民家の裏にあるとのこと。行ってみたら確かに古墳がありましたが石室は完全に埋没していました。こんなもんかと帰りかけたが1号南側の林の中に墳丘らしきものが見えるじゃないですか。早速行ってみたら確かに古墳(仮称2号)で東向きに石室が開口していました。こちらも全長10m以上もあり羨道まで良好に残っています。石材も平面に仕上げられていて切石に近い状態。1号の右片袖と違ってこちらは両袖式でした。3基見つかったと言うことはまだあるかもしれないと言うことで更に探してみると県道を少し西に行った辺りの道路際に石室が北向きに開口、墳丘も割と残っていました。こちらは全長8m程度で一回り小型ですが奥壁辺りに箱式石棺らしきものが見えていました。ここは左片袖式、すぐ近くにありながら形式がみな異なるのも興味深いです。更にしつこく探して、道路下にもう1基発見、こちらも北向きに開口していますが墳丘はすっかり分からない状態、玄室も3m程度の小型でした。1,2基しかないと思っていた場所で思わず4基もの石室墳を見つけて満足満足。
[ 2013年04月22日 11:30 ] カテゴリ:岡山市北区 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です/漢字表記の違いで古墳名で検索すると出てこないことがあります、その時は市町村名で検索してみてください
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR