古墳のお部屋ブログ館 TOP  >  岡山県  >  岡山市北区 >  矢藤治山古墳

矢藤治山古墳

岡山県岡山市北区 2000年4月訪問

前方後円墳、TL35
位置:34°39′21″N 133°51′44″E

発生期の前方後円墳、前方部がばち形に開くなど古い形態を示す、現地に行っても形はわかりにくい


(見学記)
全長35mの前方後円墳です。後円部から礫槨と木棺の痕跡を検出、鏡勾玉が砕かれ散乱した状態で出土、特殊器台の出土、前方部がばち形に開くなど最古級の前方後円墳の特徴を示しています。場所は吉備の中山の南側中腹、黒住教駐車場片隅に案内板が出ています。そこから整備された山道を下って行く、分かれ道には案内板が出ているから迷うことはない。墳丘は送電線鉄塔下にあって裸の状態だが側に説明板がなければ気が付きにくい(道がそこで行き止まりだから間違えることはないが)。後円部の高まりは分かりますが南側の前方部は余りはっきりしない。
[ 2013年04月23日 10:33 ] カテゴリ:岡山市北区 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です/漢字表記の違いで古墳名で検索すると出てこないことがあります、その時は市町村名で検索してみてください
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR