古墳のお部屋ブログ館 TOP  >  岡山県  >  総社市 >  ハザ古墳群

ハザ古墳群

岡山県総社市 2010年2月訪問

24号
横穴式石室、全長6m、玄室長4.5,幅1.3,高1.3m(現状)
位置:34°40′52″N 133°41′10″E

山道脇に小さな墳丘


開口部、羨道は壊失


玄室は良好、33号に比べて幅高がやや小さい


(ストロボ無し)


奥壁も33号に比べてやや劣る


奥から外、右片袖式


33号
横穴式石室、全長6.5m、玄室長4.5,幅1.6,高1.9m(現状)
位置:34°40′49″N 133°41′11″E

石室正面、藪の中だが墳丘も割と残る


開口部から石室内部


良好に残る玄室、側壁はほぼ垂直に立ち上がる


2段積みの奥壁


奥から外、左片袖式


〃(縦位置)


その他
横穴式石室、玄室長3.7,幅1.1,高1.1m(現状)
位置:34°41′02″N 133°41′14″E

多分群中最北


開口部、ここも南に開口


開口部から覗いた内部


小形ながら良好に残る玄室


奥壁も基本2段積み


奥から外、無袖か右片袖か


(見学記)
総社市久代、総社西小学校北側に水路沿いの集落がありその集落北西側に分布する古墳群です。30基以上あるようですが石室が良好に残るのは多分3基のみ。水路沿いの細い道を通り橋を渡って150m程行くと小さなため池があります。ここから山裾と右側の畑の間を通って50m程行くと左手にぽっかり石室が開口しています。これが33号、羨道はかなりか遺失していますが玄室完存、長4.5m持ち送りのない側壁で巨石を2,3段に積んでいます。奥壁は2段積み、玄門は左片袖式です。倉庫として使われていたようで玄門にセメントの跡が残っています。ため池に戻って山道を100m程北に進むと左脇に小さな墳丘があります。これが24号、羨道は殆ど壊失していますが玄室完存、長さは5.5mと34号と同程度ですが高さや幅、石材の大きさも34号と比べて一回り小さくなっています。床面に石材がゴロゴロしていますが石棺の破片ではなし敷石でもなさそうだしなんでしょうね。山道を更に奥へ奥へと200mくらい進んでいくと谷筋斜面に古墳があります(番号不明)。ここも南側に開口、更に一回り小さくなっていますが玄室完存しています。前の2基は前年にかまどねこさんに案内して貰ったけどここを案内しなかったのがよく分かった。冬場じゃないと無理だわ。ため池脇に駐車スペースあり。
[ 2013年04月23日 10:44 ] カテゴリ:総社市 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です/漢字表記の違いで古墳名で検索すると出てこないことがあります、その時は市町村名で検索してみてください
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR