砂子山古墳群

岡山県総社市 1988年4月訪問、2017年4月再訪

前方後円墳3他

(2017年)
竪穴式石室、長2.5,幅1,高1m
位置:34°40′15″N 133°39′46″E
30年ぶりの訪問、こんな高い場所だったのか、初心者の当時、よく見つけたなとつくづく思う


竪穴石室が開口


滅多に見られない良好に残る竪穴石室


6号
以前はこれが後円部だと思われていた


9号
13号から尾根筋を登ると出会った、10号かと思ったが更に上に10号があったので9号にしておこう


墳丘上方から


10号
9号上、これも最初は11号かと思った、石室開口がないので違うと分かった


11号
前方後円墳
位置:34°40′19″N 133°39′28″E
10号すぐ上、後円部かな


墳頂部に天井隙間開口、入るのは躊躇した、万が一を考えるとな


カメラを突っ込んで撮影、巨石を使った玄室


反対側、こちらも一見奥壁風、アクロバチックな姿勢で撮ったので傾きの修正が出来ず


13号
前方後円墳、TL45
横穴式石室、玄室長4,幅1.5、高0.7m(現状)
位置:34°40′20″N 133°39′34″E
古墳群のある丘、下からの風景、墓地の奥に13号がある


林に入ると大きな墳丘が見える


前方部から後円部、よく残る


後円部から前方部、低く短い


後円部南側に激狭開口、入ろうとも思わないレベル、絶対以前より狭くなっているぞ


隙間から撮影、かなり埋まった横穴石室


(1988年)
前方後円墳(追記:隣接する2基の円墳と判明)
前方部竪穴石室開口部


石室内部


見学記
(2017年)
総社市新本、ここは初心者の頃1号の竪穴石室を見ましたがまだ他に横穴石室を持つ前方後円墳があるので再訪してみました。まずは1号、石室を撮った様子は何とか覚えているのですがどうやって行ったか全く覚えていない、今回東側から登っていきましたが痕跡道さえ無く初心者の当時良くたどり着けたなと思いましたね。ただ斜面自体は下草も殆どなく最上部以外は通過容易です。竪穴石室傍にあった看板は無くなっていましたが竪穴石室は変わりなし、以前は前方後円墳と言われていましたが2基の円墳(1,6号)だそうです。丘陵北側に廻り小さな墓地辺りから山道を登るとすぐに古墳に突き当たる、これが前方後円墳の13号、山裾急斜面をカットした墳丘はよく残っている。後円部に横穴石室が開口しているが激狭、カメラを突っ込んで撮影しても内部はかなり埋まり側壁の一部しか写っていません。ここから上はもう痕跡道さえ殆ど無い、それでも何とか登っていきましたが上の前方後円墳11号との間に10号がありますがその手前にももう1基円墳があるようです。上部が広く平で前期の古墳かもしれない。11号は墳頂に天井石が一部露出して隙間開口しています。隙間は大きいが中に入るには内部が高くて多分大丈夫だろうと思いつつ万が一を考えて入室は断念、かなりアクロバットな姿勢で撮ってきました。横穴石室は明らかですが玄門部分が埋まっているのでそのようには見えません。1号は東麓に公民館がありそこに駐車可、13号は墓地手前に駐車スペースあり。

(1988年)
前方後円墳3,円墳1からなる古墳群です。前方後円墳は全長30-50mの規模ですが林の中にあって形はわかりにくい。皆竪穴石室を有するが現在見ることは出来るのは東側の1号墳だけ、前方部に小型の竪穴石室が口を開けている。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

ブログ内検索
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
最新記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

各県市町村別
最新コメント
リンク
QRコード
QR