古墳のお部屋ブログ館 TOP  >  岡山県  >  総社市 >  天神古墳群

天神古墳群

岡山県総社市(旧清音村)1999年4月訪問、2013年5月再訪

横穴石室を主体とする古墳が密集、60基以上
(表示板が立っているが動かされているのがあるかも)
(番号は別資料分布図による)
位置:34°38′47″N133°45′24″E(駐車場位置)

近隣の古墳群
峠古墳群堂屋敷古墳群万貫古墳群

7号
横穴式石室、全長5.3m

石室開口部正面、天井石露出


石室前部天井は壊失


石室は良好、奥壁は大小2段積み


奥から外、無袖式


14号
石室正面、内部は埋没


15号
横穴式石室、全長6m

はっきりした墳丘が残る


開口部正面、ここはどれもこんなもの


石室は良好、大分埋まる


中程から奥、敷石があるそうだ


この古墳群は四角い石1,2段積みが多いがこれは異質な不定形五角形の鏡石


奥から外、壁面が整っている


17号
横穴式石室、全長7m

天井石が露出


内部は割と良好、石材は小型、入るのも難しいのにどうやってあんな物入れるんだ


24号
横穴式石室、全長8.2m

墳丘、石室正面


石室前部天井壊失、羨道埋没


内部は多少埋まるも良好に残る


奥壁は2段積み


奥から外、無袖、天井レベルが揃う


32号
横穴式石室、全長8.5m

開口部、天井石が露出


石室内部は良好、奥壁は2段積み


奥から外、現存長は8.5mもなさそう


33号
横穴式石室、全長7.3m

天井石が露出、隙間開口


カメラを突っ込んで撮影、奥壁2段積み


34号
横穴式石室、全長9m

天井石露出、狭い開口部


石室は比較的良好、奥壁はほぼ1枚石


35号
横穴式石室、規模不明

削られた墳丘


石室良好、奥壁1枚石、側壁奥壁の面が整えられている


37号
横穴式石室、全長9.5m

墳丘、石室正面


石室前部は壊失埋没


石室良好、側壁はやや持ち送り


奥壁はほぼ1枚石


奥から外、無袖、壁面が平面に仕上げられている


38号
横穴式石室

巨石の天井石露出、狭い開口部


石室は良好、奥壁は1枚石


奥から外、入れるよという証拠程度


41号
横穴式石室

墳丘上に天井石露出


天井石がずれて開口


石室内部の状況は良い、奥壁は1枚石+平石


奥から外、入り口は天井が落下


44号
横穴式石室

ここも巨石天井石露出


内部は大分埋まるも良好、奥壁は1枚石+平石


45号
横穴式石室、全長4.85m

墳丘石室正面、入り口は埋没


前部天井石が落下して開口、天井石が見事な切石


長い石室が良好に残る


奥の方の側壁は大型石材


奥壁は1枚石+平石、隙間も見事に詰めている


奥から外、天井もレベルが揃う


46号
大きな墳丘が削られている、露出しているのは側壁かな


55号
一見前方後円墳風、2基の円墳か


墳丘良好、石室は見られず


57号
横穴式石室、全長5.15m、玄室長4.1m

2基の円墳が連接、左57,右59号、間の僅かな膨らみが58号か


石室正面、右奥55号


開口部、羨道は殆ど消滅


石室良好、隣の59号に比べるとやや粗い


奥壁は同大サイズ2段積み


奥から外、典型的な右片袖式


59号
横穴式石室、全長8.73m、玄室長5.4m

左59,右57号、後ろが斜面でこれ以上下がれず


墳丘は良好に残る


墳丘石室正面


開口部、天井石が分厚い


この古墳群では珍しく羨道も残る


良好に残る玄室、石材の積み方も巧み


奥壁は巨石2段積み、奥壁も側壁も面が整えられている


奥から外、こちらも右片袖式


60号
割と残る墳丘


天井石露出、内部埋没


61号
横穴式石室、8.44m、玄室1.34,高1.77m

大きな墳丘が残る


墳丘背後が削られて開口


奥壁が抜かれている、この天井石は何なんだ、何故こんな使い方


奥から外、ここは左片袖式


まぐさ石と袖石がずれているようだ


羨道、右側が傾いて崩壊寸前、石室前は急斜面で開口部は撮れず


玄室、左側壁のほうが石材が大きい



1999年

墳丘が接するように密集、見学用の木道が巡る


45号
細長い玄室、一見切石造りの様


37号
石室正面、石室が露出しているのが多い


玄室、ここも石の割面が整っている


7号
玄室、奥壁は大半が2段積み


(見学記)
2013年
一番肝心の大型石室を見逃しているので再訪してみました。行ってみると”この下に大きな古墳5基あり”なんて表示板がありましたね。当時はなかったと思うぞ・・・多分。行ってみるとすぐに大きな墳丘が目につきます。一見前方後円墳に見えるのが55号(表示板は57号となっている)、これは石室開口せず。そのすぐ西側に双円墳のように見えるのが57,59号(57号は表示板が58号となっている)どちらも南向きに開口、大きな石室です。更に西に60号、これは天井石が露出程度、隙間から内部が撮影できるそうだが見逃した。更に西に61号、これは奥壁側が大きく盗掘され石室がトンネル状になっています。露出している天井石が分厚い、と言うより縦長過ぎ、奥壁にでも使えそうなサイズだがなんでこんな所に使ったんでしょうね。この辺りのは片袖式ですが他は殆ど無袖式石室です。ここの東側には峠古墳群以上に古墳が密集して良好に残っている石室も幾つもありますが石室開口部が狭いのが多く天井部が開口しているので頂部に登らないとわからないのも多くその分見学は疲れます。とはいえ開いていれば全部入りたくなるのはコフニストの性だしな。以前は木道がありましたが全くなくなっていました、あれはなんだったんだ。神社脇に駐車場がありますがここに至る道が狭く分かりにくいので峠古墳群を見学がてら来た方がよさそうです。

1999年
峠古墳群の北側にあり20基ほどが峠古墳群よりも更に狭い範囲に密集した状態である。木道(設置されたのはだいぶ古そう)が古墳の間や上を巡っていて見学できる。ここも状態は余り良くなく石室がかなり露出している。ただ中には意外なほど良好な石室が幾つかあり中に入るとまるで切石を思わせる石室です。ただこの様な割れ方をする石らしく現在も近くに同様の石材が露出しています。集落の奥にあり側に駐車場もあるが道が狭く案内板もないので分かりづらい、峠古墳群の方から山麓沿いの道を来た方が良さそうだ。
[ 2014年09月11日 07:51 ] カテゴリ:総社市 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です/漢字表記の違いで古墳名で検索すると出てこないことがあります、その時は市町村名で検索してみてください
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR