古墳のお部屋ブログ館 TOP  >  岡山県  >  総社市 >  峠古墳群

峠古墳群

岡山県総社市(旧清音村)1995年3月訪問、2013年5月再訪

総数70基以上、1-3号が道路で移築、歴史広場として公開
位置:34°38′30″N 133°45′20″E

近隣の古墳群
堂屋敷古墳群万貫古墳群天神古墳群



1-3号
移築復元1-3号、後方の森に古墳密集、95年当時は松林だったが今は広葉樹林となっている


1号
横穴式石室、全長7.34m、玄室幅1.22,高1.55m、7C前半

墳丘、石室正面


細長い玄室、石材の番号が目立たなくなっている


奥壁は鏡石+平石2枚


奥から外、無袖かな


2号
横穴式石室、全長6.34m、玄室幅1.04,高1.47m、7C前半

墳丘、石室正面


玄室、この群は全般に持ち送りが殆ど無い


奥壁は2段+薄い平石2枚


奥から外


3号
横穴式石室、全長5.554m、玄室幅1.20,高1.46m、6C後半

墳丘、石室正面、後方に1号


玄室、こちらは番号がハッキリ残っている


奥壁は奇妙な2段積み、割れたのかもしれない


奥から外、側壁は真直ぐ立っている


墳丘脇に上部を失った小型石室


小型とはいえ大人一人横たえるには十分


斜め後方から


4号
4号の表示があるが4号かどうか不明


僅かに開口


石室は良好に残る、奥壁は四角い鏡石+厚めの平石


9号
墳丘石室正面、前部上部壊失


内部は殆ど埋まるが何とか奥壁が見えている


19号
3号の表示があるが明らかに違う


天井石が露出、隙間から内部を覗ける


石室良好、奥壁3段積み、詰石が少ない


21号
巨石天井石露出


開口部、前部は壊失の模様


長い石室が意外と良好に残る


22号
95年訪問当時の仮11号と同一、私有地内にある


最大クラスの石室、側壁も面が整えられている


奥から外、右に袖石がある


24号
大きな墳丘が残る


墳頂に石材露出


天井石がずれて開口


石室後部良好、縦長奥壁+α


奥から外、天井石が落ちている様子


26号
大きな墳丘が良好に残る


墳頂近くに石室開口


開口部


細長い玄室が良好に残る、左端に袖石が見えている


一応鏡石を据えているが他が複雑、右の詰石は下部で側壁に乗っている


奥から外、この群では珍しい片袖式、まぐさ石もハッキリ残る


墳丘背後に斜面をカットした跡が残る、大抵の古墳で見られますが


27号
ここも墳丘がよく残る


頂部に石室開口、前上部は破壊


開口部、天井石前面の割り方が不完全のようだ、これでは隙間が開きそう


石室は良好に残る


奥壁は鏡石らしい形の石


奥から外


35号
上部がやや凹んだ墳丘


開口部、前上部は壊失


石室良好


奥壁は四角い鏡石+平石だが薄い石を挟み込んでいるのが変わっている


奥から外


36号
ここも大きな墳丘


天井部が開口


石室良好、奥壁は1枚石+平石、右側の詰石は一部側壁に隠れている


37号
この付近は墳丘が残っているのが多い


天井露出して開口


開口部


石室奥が良好に残る、天井石の積み方が少し変わっている


奥から外


38号
藪の中に石室開口


奥壁は2段積みだが上の方が大きい


奥から外


40号
墳丘、石室正面


石室前上部は壊失、入口部埋没


天井に隙間、ここから覗ける


奥壁は標準的な2段積み


41号
低い墳丘に天井石露出、手前の石は動かされている


天井石隙間から覗ける


石室後部は良好に残る、奥壁は2段積み+平石


42号
手前42、右奥42号


開口部


石室良好、奥壁は四角い石+厚めの平石と標準タイプ


奥から外


43号
手前43、右奥42号


開口部


笹が生えるも石室良好、奥壁標準タイプ


44号
低い墳丘が残る


開口部


土砂が入るが石室良好、奥壁は3段積み


奥から外、この群では少ない右片袖式


45号
左45、右47号、一見前方後円墳風


開口部


長い石室が残るがかなり歪んできている、左側に縦長の石が袖石風に埋め込まれている


袖石部分から奥


奥壁は鏡石+詰石、詰め方はやや雑


奥から外、かなり歪んでいる様子がわかる、まぐさ石が一段下がっている


47号
45号から見た墳丘


開口部


石材の面が整えられた側壁、奥壁はほぼ標準タイプ


奥から外


48号
斜面に残る墳丘


石室正面、前上部は壊失


石室良好、側壁石材は小型、奥壁は3段積み


奥から外


49号
低い高まりが残る


天井石露出、石材が動かされている


奥壁も側壁も四角い石+平石と同構造なのが面白い


50号
墳丘、だんだん斜面が急になる


草むらに埋もれた開口部


長い石室が残るが右がやや孕んできている、奥壁は標準タイプ


57号
墳丘、石室正面、内部は埋没


61号
急斜面の割によく残る墳丘


墳丘、石室正面


土砂が入るも石室良好、匍匐前進になるので入室は諦め


62号
墳丘


石材露出


石室内に土砂流入、掻き出した跡があるような


64号
一番上辺り、ここから上は更に急傾斜で古墳はなさそう


僅かに開口


内部は殆ど埋没



1995年

分布図、1-6号、中央の1-3号が南西に平行移動した


全景、歴史広場から見た古墳群、林の奥かなり上方まで分布、手前の2基が発掘後埋め戻された5,6号、5号の奥に状態の良い石室仮11号が見えている


1-3号
移築復元、手前3号の脇には小石室がある


1号
玄室


2号
玄室


3号
玄室、移築したことを思わせる石の数字が生々しい


3号墳丘脇に造られた小石室、主室の埋葬者との関係は?


(以下の数字は仮番号)

仮11号
石室正面、残存石室の中では最大で状態も良好


玄室、立ったまま入れるほどの大きさ


右側に小さな袖石が突き出ている


仮12号
玄室


仮15号
大半が無袖式の中で数少ない片袖式


仮16号
玄室


仮18号
奥壁はこの様な大小2段積みが多い


仮25号
玄室


仮28号
玄室


仮34号
一番上辺りにある墳丘、かなり急傾斜地


(見学記)
(2013年)
20年ぶりくらいに再訪してみました。かっては雑木林の中に笹原に覆われた墳丘があったのですが林は大分伐採され笹原も刈られて見学しやすくなっていました。と言っても歩きやすいのは遊歩道だけでそこを外れると歩きづらいです。一番下にあるのが移築復元された1-3号、その脇にあるのは4号かと思っていたら9号でした。遊歩道を上っていくと墳丘が点々、番号を書かれた表示板がありますが殆どは倒れかかっています。中には移動しているのもあるらしく下の方で3号と書かれていたのがありましたが3号は移築されているから明らかにおかしい。また最大の石室は私有内になっています。石室は多く開口していますがまともに開口しているのはなく狭い開口部から入ったり天井隙間から入ったり等苦労するのが多い、それでも腹這いになって入るようなのが殆ど無いのは幸いですが。それにしてもこんなに開口していたかなと思うくらい沢山の石室がありましたね。1-3号が歴史広場になっていて駐車可。

(1995年)
麓近くの斜面に分布、一番下方にあった1-3号が道路の付け替えによって揃って平行移動され石室を移築墳丘を復元、現状維持の4号墳と共に歴史広場として公開されています。墳丘はまるで尖り帽のよう、元の形はどうだったのか分からないがどうもこの形は違和感を覚える。石室の中に入ると壁の石に数字が書き込まれていていかにも移築復元されたことを思い起こさせる。ここから斜面上方を見ると芝生に覆われた5,6号がある。これは発掘後石室は埋め戻された。更に斜面を登っていくと古墳が密集している。墳丘が流れ去り石室が崩壊しているのも多いが中に入れるのも幾つか残っている。次から次へと見つかってどんどん上に登っていく、最終的には70基ほど確認できたがはっきり言って疲れた。水平方向に造る余地があるのに高い所に造っていったのは集団間のテリトリーがあったんだろうか。なお現在は藪が茂ってきていて見にくくなっている。
[ 2014年10月02日 07:52 ] カテゴリ:総社市 | TB(-) | CM(4)
かまどねこさんへ
やっぱり松林は管理されないと消滅するんだろうな。
松林が残るかどうかもお金次第か(^^;)
来週は宮山古墳をアップしますがあそこも松林だけど以前は下から見えていたのに
今は見えなくなっていますね。

峠も天神も群集墳にしては石室がよく残っていますね。
群集墳なんて天井がなくなって基部だけというのも多いけどそういうのは殆ど無いもんな。
私の県ならあれ数基だけでも飛んで行くレベル
だから『もう勘弁して~』なんて贅沢言っちゃいけませんぜ(笑)
とは言え峠だけならともかく天神もあるし更に間に2つもあるし
最後はやはり『もう勘弁して~』でしたけどね(^^;)
[ 2014/10/03 21:55 ] [ 編集 ]
酸性雨+松食い虫
緑山や稲荷山も40年くらい前の写真見ると今の作山古墳みたいな松林。今は皆無。

作山古墳とこうもり塚(+国分尼寺)の松は管理札が付いててお金掛かってます。
どこのお金かまでは存じませんが(^^;

松ぢゃなければ、造山みたいに伐採もあり得るのですが、
ニホンジン、マツ伐れない(汗

しかし峠、40番台以降も単独でポツポツとあれば嬉しいレベルなのに……と改めて思い知る。実際は『もう勘弁して~』ですけど(笑)
[ 2014/10/03 21:26 ] [ 編集 ]
かまどねこさんへ
三因に松はもう残っていないんですか。
ほっておけば松林は広葉樹林に遷移していくんだろうけど20年は早過ぎるような、松食虫にでもやられたのかな。
作山との違いは史跡指定が国か市の違いなのか、市レベルじゃお金かけられないよね(^^;)。
でも松林のほうが墳丘が見えて好きなんだけどね。
[ 2014/10/01 08:47 ] [ 編集 ]
赤松
わずか(?)20年足らずで松は全滅。もう三因の山に生きてる赤松は皆無。
ということは、作山古墳も管理しなければ綺麗になったのになぁ・・・と(^^;
[ 2014/09/30 23:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です/漢字表記の違いで古墳名で検索すると出てこないことがあります、その時は市町村名で検索してみてください
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR