古墳のお部屋ブログ館 TOP  >  岡山県  >  総社市 >  緑山古墳群

緑山古墳群

岡山県総社市 1998年訪問、2010年再訪

総数19基(5,12,13,15は欠番、9,17,22号は消滅)丘陵上の3基で長大な石室が良好に残っている

1号
円墳、R11
横穴式石室

98年当時、現在は下から見えなくなってます


石室後部がかろうじて残る


奥壁


奥壁と左側壁


背後から見た墳丘


2号
円墳、R13,H4.5
横穴式石室、石室長9.35m、玄室長5.6,幅1.6,高1.65m

羨道は基部が残るも埋没


開口部から見た内部


側壁は持ち送りのない2段積み、奥壁は1枚石


奥から外、片袖式


3号
横穴式石室、全長3.0m、玄室幅0.7m

山道に天井を失った石室露出


箱式石棺の可能性もあるかな


4号
円墳、R24,H5
横穴式石室、全長10.8m、玄室長6.1,幅2.3,高3.2m

石室正面、墳丘ははっきりしない


石室開口部、ここから正面に作山古墳が見える


羨道、奥で天井石が一段下がる


一様に持ち送りのある玄室


〃(縦位置)


奥から外、両袖式


〃(縦位置)


6号
円墳、R15.6,H2.4
横穴式石室、全長6.2m、玄室長3.7,幅2.5,高2.2m

石室正面、墳丘上部は流失


羨道天井部壊失


持ち送りのある玄室


奥壁は小形石材を積む、この群の中では珍しい


奥から外、両袖式、まぐさ石上の石材が抜かれている


7号
円墳、R25,H3.8
横穴式石室、全長11.2m、玄室長5.4,幅2.6,高2.8m

丘陵最高部に位置する


石室開口部、この前は急斜面


石室正面


長い羨道


あまり持ち送りのない側壁


〃(縦位置)奥壁石材は6号より大きく8号より小さい


奥から外、左片袖式、袖石はなく幅は広い


〃(縦位置)


8号
円墳、R33,H6
横穴式石室、全長15.1m、玄室長7.0,幅2.9,高4.1m
位置:34°40′21″N 133°46′45″E

良好に残る墳丘


石室正面


長い羨道、下が多少埋まる


県内有数の大型玄室、石材も大型


〃(縦位置)


奥から外、左片袖式、ここも袖石は無し、まぐさ石がすこぶる巨石


〃(縦位置)


羨道、奥から外


10号
横穴式石室、全長6.8m、玄室幅1.6m

墳丘は原形を留めず


大きく抉られ石室石材露出


石室も大きく破壊、祠が乗っているのが奥壁


奥壁背後から


11号
円墳、R13.0,H2.5
横穴式石室、全長8.3m、玄室長3.9,幅2.4,2.95m

墳丘石室とも良好


狭い開口部


羨道、前部は壊失しているようだ


かなり持ち送りのある玄室


奥壁の積み方は7号に似てるかな


奥から外、両袖式


〃(縦位置)


14号
円墳、R11.5,H3.0
横穴式石室、全長6.2m、玄室幅1.4m

石室開口部、内部はかなり埋まる


石室内部奥壁の様子


16号
横穴式石室、全長6.1m、玄室幅1.4m

丘陵麓辺りに立地、右側の石も転落した天井石のようだ


開口部


石室内部


玄室奥壁、一応1枚石かな


奥から外


18号
横穴式石室、全長9.6m、玄室長3.8m

石室下部しか残っていない


左奥壁、右側壁


奥壁


21号
横穴式石室、全長5.0m、玄室幅1.3,高1.4m

急斜面に立地、天井石が転落しかかっている


右側奥の天井石はなんとか元位置


玄室後部、奥壁


奥壁と側壁


(見学記)
(1998年)
コウモリ塚古墳などがある総社古墳群の北側丘陵西端の半独立丘陵緑山にある古墳群です。ここに横穴式石室を主体とする古墳群があるのは知っていたんですが今回行ってみて山上の古墳群にしては予想以上に大きな石室があり石室の保存状況もよいので急遽見てある記でアップします。ライト必須,今回は見くびってライトを持たず行ったので少々怖い思いをした,やはりどんな時でもライトを忘れずに。東側鞍部から墓地に至る道がありその左側に半壊した石室が露出した古墳が1基さらに墓地の北側に3基,南側に1基あります。墓地の位置が最高地点で石室を思わせる巨石がごろごろしていますが古墳かどうかは不明です。まだ他にもあるかもしれません。

8号
墓地から北に行く山道のはずれにあり墳丘は藪に覆われていますが西側に石室が開口しています。入り口は土砂の堆積でかなり狭くたいしたことはないだろうと腹這いになって入ると奥が見えないほど長い石室,埋まっているのは入り口付近だけで羨道は中腰で歩け玄室は高さが約4m位,石室全長もおおよそ10m位ある大きな石室で(数字はすべて目測値),右片袖式の巨石墳です。

7号
1号すぐ南側,ここも墳丘は藪で西側に石室が開口しています。1号とほぼ同様の状態で左片袖式という点が異なります。1,2号とも石室前は急斜面となっていますが遺物などをどうやって入れたんでしょうね。

6号
2号南,墓地すぐ北側。この石室だけは他とはだいぶ異なっていて石室規模も小さく(玄室長約2.5高2m)小型の割石を使いやや持ち送りのある玄室で玄門には両側に立ち石を立て上にまぐさ石をのせた両袖式です。保存状況もやや悪く石室が半ば露出羨道も前面が欠損しています。

4号
墓地すぐ南側に墳丘があり,西側斜面に石室が開口しています。入り口はやはり狭いですが中は広々,全長約10m玄室も長6m高3m位でやや細長い石室,両袖式ですが袖幅は狭い。石室が南西に向いていてその先に作山古墳があるのは偶然でしょうか,意識的なんでしょうか。

1号
墓地登り口左側にあり,墳丘は土取りで半分に切断,崖面に石室が露出していますが奥壁部分がかろうじて残っていて下には石材が転がっています。南向きで巨石が使われていますが規模は1,2,4号よりは小さいようです。

(2010年)
丘陵上だけでなく斜面や麓にも新たな石室墳があるので再訪してみました(本命はそのお隣だけどね)。以前は下から見えていた1号石室もすっかり見えなくなっていて梯子も変わっていたけど石室自体は変わらず残っていました。上に上がってみるとすぐ側に2号、墳丘ははっきりしませんが石室は良好に残っています。規模はそれ程大きくないですが奥壁がここでは珍しい1枚石です。それにしても以前来たときにちょっと登っていれば気がついただろうにな。側に14号がありますが小形の石室がかなり埋まった状態奥壁がかろうじて見える程度です。南側麓近くに16,18,21号がありますが石室状態はあまりよくありません。丘陵頂に登る山道途中にいかにも天井石を失った石室と思われるのが露出、小形で箱式石棺かもしれない。これも以前は気がついてないな。鞍部の道を北に行くと右手に墳丘があり東側に石室開口、墳丘石室とも良好に残っています。大型石材を積んだ背の高い玄室で両袖式、7,8号ほどではないですがかなりの規模の石室です。ここもこの道を通れば墳丘に気がついただろうにな。以前は南側から来てここは通ってなかったのかな。更に北側に10号、石室は大きく破壊され小さなお堂が乗っているのが奥壁でしょうか。
[ 2013年04月25日 20:54 ] カテゴリ:総社市 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です/漢字表記の違いで古墳名で検索すると出てこないことがあります、その時は市町村名で検索してみてください
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR