下野群集墳

兵庫県姫路市 2012年3月訪問

横穴石室を主体とした32基

1-5号、6-10号12-14号17-21号22-24号25-28号29-33号←(クリックでジャンプ)

全景:丘陵麓南北400mにわたって分布、画面右端辺りが北端、南端は左画面外側、中央建物辺りから林に入れる


1号
横穴式石室、全長6.7m、玄室長3.4,幅2m
位置:34°48′54″N134°38′02″E

最南端、石室露出


これが正面か、天井石傾く


中程から入り口側


2号
横穴式石室、全長6.8m、玄室長4,幅2.1m

墳丘


石室正面


横から、大きく崩壊


横が奥壁、右正面が板石状の側壁


後方から、奥壁も板石状


3号
墳丘、頂部に僅かに石材露出するのみ


4号
墳丘上部に天井石露出


加工されたような天井石、石室埋没


5号
石室正面


後方開口も内部殆ど埋没


6号
低い墳丘に天井石露出


巨大な天井石、内部殆ど埋没


後方から


横から、左が奥壁側


8号
あるかないかの墳丘


9号
低い墳丘が残る


10号
横穴式石室、全長8.1m、玄室長3.3,幅2,高2.5m

墳丘、これでも残っているほう


石室正面


横から見るとかなり不安定な状況


石室内部は良好


側壁も殆ど持ち送りなし、右奥の側壁が手前より不連続な感じ


三段積みの奥壁、細かな石を詰めて調整


巨大な天井石


奥から外、片袖式、袖石上部が尖っていて上が不安定


12号
横穴式石室、全長7.5m、玄室長3.4,幅2.1,高2.2m以上

良好に残る墳丘


石室正面は隙間程度


奥壁側が開口


奥から外、片袖かな


羨道残るも殆ど埋没


土砂流入で奥壁は殆ど見えず


13号
僅かに高まりが残るがよく分からず


14号
低い墳丘、ほぼ裸なので分かりやすい


17号
横穴式石室、全長8.7m、玄室幅1.8,高2m

群中最も良好な墳丘


石室正面、かなり埋まる


開口部から覗いた石室、床面に礫が敷かれる


石室は良好


巨石の鏡石を据えた奥壁、奥壁手前に区画があるようだ


奥から外、無袖かな、右側の側壁は土圧で傾いているようだ


19号
僅かな高まり


20号
墳頂に石材露出程度


21号
横穴式石室、玄室長2,幅1.5m

そこそこ残る墳丘


墳頂に小型石室露出、天井石も動かされているようだ


全部は埋まり後部が見られる


奥壁


22号
横穴式石室、全長9.6m、玄室長3.7,幅2,高2.6m

大きく口を開けた開口部


開口部から見た石室内部


羨道玄室とも良好に残るが水たまりがあって奥に入れず


玄室、右端に見えているのが袖石


左側壁


キノコ型とでも言いたくなるような奥壁


24号
横穴式石室、全長6.4m、玄室長3.4,幅2.2,高2.3m以上

墳丘良好


開口部、手前の石はずり落ちた天井石か


持ち送りのない玄室


奥壁は4段


奥から外、片袖式


25号
横穴式石室、全長9.2m、玄室長3.4,幅1.7,高1.8m
箱式石棺、0.9×0.5

高い墳丘が残る


天井石が露出


奥壁側が開口


内部はかなり歪む


こちらが入り口側、左の分厚い石は箱式石棺蓋石


奥壁側、縦長の奥壁に両側に小型石材を詰める


中央辺りに置かれた箱式石棺、長軸が石室主軸と直行している


26号
割と残る墳丘


頂部が窪み天井石露出


こちらが正面側か、内部埋没


28号
墳丘は割と良好


破壊された石室露出


29号
横穴式石室、全長4.8m、玄室幅1.2,高1.4m
箱式石棺、1.60×0.75×0.60
組合式石棺底石
位置:34°49′09″N134°38′04″E

最北端にやや孤立して立地


開口部、前部はやや壊失しているもよう


石室良好、持ち送りのない側壁、奥に箱式石棺、手前に石棺底石


石室中程から、側壁の石材は小型


上部が尖った鏡石を据えた奥壁、手前に礫が敷かれている


箱式石棺、内部にも礫が敷かれる


石棺奥から、赤い顔料が残る、円紋?


石棺底石


奥から外、無袖かな


30号
低い墳丘が残る


巨大な天井石露出


32号
低い墳丘


破壊された石室が僅かに露出


33号
墳丘は残っているほう


頂部に天井石露出


石室はすっかり埋没


(見学記)
広畑区才、夢前中学校北側丘陵の東側麓辺りに400mに渡って分布する総数32基からなる古墳群です。こちらは現在全く整備されていないので見学には分布図必至です。丘陵麓に水路が流れているので渡る場所がなく北側にある青い水門辺りで入ることが出来ました。入ってすぐ上部に石材が散乱した古墳があったが何号墳だか分からず仕方なく一番北側にある29号を目指しました。ここは石室内部に箱式石棺があるので分かるけど他の古墳と離れすぎていて参考にならず、その後南下して良好な石室が残る24号や奥壁側が開口している25号を見つけてやっと分布図との対応が分かり始めました。以後少しずつ南下しながら見学していったけど藪が濃くて見通しがきかない場所もあり分布図との対応もなかなか大変です。最南端の1号に達する頃は5,6時間過ぎてしまいました。それでも見学しがいのある古墳群です。住宅街南端に袋小路になっている道路があってここが少し広くなっていて駐車可。ここから1号は目の前らしいですが入っていく山道が分からず水路沿いに北に300m程歩いてやっと水門から入ることが出来ました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

ブログ内検索
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
最新記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

各県市町村別
最新コメント
リンク
QRコード
QR