古墳のお部屋ブログ館 TOP  >  福岡県  >  北九州市 >  小田山古墳群

小田山古墳群

福岡県北九州市 2012年12月訪問

50数基、現存13基、古墳公園として保存

1号
位置:33°54′51″N 130°48′09″E

低い墳丘、向こうは急斜面、ここの古墳は殆どこのような状態、上に番号を書いた札が立つ(無くなっているのもあるが)


2号
上側から見た墳丘


反対側から、大きく改変


開口部も改変されているようだ


内部は祠として利用、左右の袖石や上のまぐさ石はオリジナルのようなので奥の玄室も当時のままかな


3号
墳丘下から、前部が削られている、手前の石は落下した天井石かな


開口部、マットは入室防止より投げ入れ防止の為かな


意外と良好な石室、左右は袖石かな


やや持ち送りのある玄室、奥壁側壁とも基部に大きな石材を据える


4号
上から見た低い墳丘


下側から、危うく見逃すとこだった


隙間開口


石室内部、上の石はまぐさ石のようだ


奥壁、特に大きな石材はないようだ


5号
見落とす

6号
土饅頭状態


7号
上から見た墳丘は小さいが


墳丘下から、石碑背後の石は羨門の石かも、合併前の若松市の石柱、公園として整備されたのは随分古そうだ


隙間程度の開口部


玄室は良好そう、両袖のようだが袖石はないようだ


奥壁下部の大型石材


8号
上から見た墳丘、盛り土されているかも


下側から、開口部を見落としそう


落ち葉をかき分けてやっと開口


入り口は埋まるが羨道玄室は良好のようだ


9号
比較的大きな墳丘


10号
上から見た墳丘、比較的大きい


反対側から


石室露出するも大きく改変


13号?
群の南側を捜索していて見つけた怪しげなビニールシート


小型の石室残存、他のより古そう


見学記
若松区深町1丁目、丘陵上にある50数基からなる古墳群でしたが住宅建設などで大部分が失われ現在13基が古墳公園として保存されています。もっとも古墳公園といっても完全放置状態入り口の所に説明板があるだけで奥の説明板は完全に錆びついて読めません。地形も階段状に改変されていて墳丘の上に古墳番号を書いた標識が置かれていますが石室開口部は下の方と分かりにくいです。全て横穴石室のようですがどれも僅かな隙間から覗ける程度なんとか6基で石室確認できました。側の小田山神社に駐車場有り。市史跡。
[ 2013年10月10日 08:00 ] カテゴリ:北九州市 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です/漢字表記の違いで古墳名で検索すると出てこないことがあります、その時は市町村名で検索してみてください
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR