古墳のお部屋ブログ館 TOP  >  福岡県  >  福津市 >  手光波切不動古墳

手光波切不動古墳

福岡県福津市(旧津屋崎町)2012年12月訪問

円墳、R25、7C
横穴式石室、全長10.8m、玄室長1.8,幅1.6,高2m、石槨長2.1,幅1.3,高1.9m
位置:33°46′01″N 130°30′01″E

住宅地の中に大きな墳丘が残る、立地としては丘陵麓辺り


開口部付近はかなり改変


石室正面


長い羨道、側壁だけでなく敷石も巨石使用


側壁は巨石一段積み、高さ調整の詰め石もなく高度な技術が伺われる


玄室と更に奥に石槨(説明板では前室後室となっている)


石槨の前に仕切石があるが祭壇などで分かりにくい


玄室石槨左側


〃右側、玄室幅は石1枚分くらいしか広くない


羨道、奥から外


石室図(説明板より)


2号
波切不動西側50mにある、工務店敷地越しに見学、でも古墳自体は隣の敷地内


周囲が削られ石室露出、側壁かな


南側、よく残ったなという状態


(見学記)
福津市手光(てびか)、県道97号光陽台入り口交差点東100m、民家の間にあります。住宅街の中にしては大きな墳丘が残っていて南に開口しています。全長10.8mの石室は7C仕様、奥壁天井石だけでなく側壁も板状の巨石で構成され天井石との間の高さを調整するような詰め石も全くありません。更に床面も同様の板石が敷かれていますが前半部分はセメントで塗りつぶされています。入り口から入っていくと最奥手前で側壁が一段引っ込んでやや幅広くなり更に奥はまた元の幅になっています。前室と後室、それとも奥が石槨と言った状態でしょうか。大阪府河南町の平石古墳群と構造が似ています。市史跡。
50m程西側手光バス停側の工務店脇(実際は隣家の敷地内)に2号があります。周囲がすっかり削られリンゴの芯状態、石室石材が露出内部は埋没していますが埋没していなければ崩壊していただろうな。車を停める場所がないので交差点西側のスーパー駐車場を利用。
[ 2013年11月14日 07:01 ] カテゴリ:福津市 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です/漢字表記の違いで古墳名で検索すると出てこないことがあります、その時は市町村名で検索してみてください
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR