竹原2号(仮称)

福岡県宮若市(旧若宮町)2013年12月訪問

横穴式石室
位置:竹原古墳背後

墳丘流失、石室基部残存


石室背後から、側壁が直線状なので炭焼き窯ではなさそう


石材は全般に小型


玄門とまぐさ石が残ると一番石室らしく感じられる


(見学記)
竹原古墳の石室が撮れないのでせめて墳丘でもと思って背後に回ってみると尾根筋をカットした良好な墳丘でした。その背後も墳丘のように見えたので上がってみるとなんと石室露出、基部しか残ってない状態ですが玄門がはっきり残っています。側壁も直線状でさすがにこれは炭焼き窯ではないだろうな。位置からして竹原古墳の後に構築されたと思われますが石室規模は全然違っています。石室前が崖で崩れ落ちているので複室かどうかはわかりません。それにしてもラッキーでした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
最新記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

各県市町村別
最新コメント
リンク
QRコード
QR