損ヶ熊東古墳(仮称)

福岡県宮若市(旧若宮町)2013年12月訪問

複室石室、後室長2.2,幅1.7,高2.0m(目測)
位置:33°43′32″N 130°38′27″E

最初は築山かと思った程真ん丸な墳丘、右奥樹木の下にももう1基あり


傾斜面を利用して構築されたようです


石室正面、手前の石材は羨道のでしょうか


前室、少し幅が広くなっているだけ


小型ながら本格的な石積み、鏡石は前面が腹ボテ状に出ている


〃(縦位置)小さいながらもドーム状


狭い天井部、右が入口側


奥から外、両袖式


玄門袖部


〃反対側、石を立てて並べている、隙間にも丁寧に石を詰める


前室奥から外、狭い天井も見えている


すぐ南側にある、多分古墳


背後に石材露出、こちらが奥壁側か


(見学記)
損ヶ熊古墳から東側植え込みの奥に丸い墳丘のようなのが見えたので行ってみました。きれいすぎるまん丸い墳丘で築山かなと思ったけど太い木が切られていて土の様子などから古墳だと直感、反対側に回ってみると石室が開口していました、超ラッキー。羨道は失われていますが複室構造の前室後室は完存しています。後室は目測で長2.2幅1.7高2mと複室としてはかなり小型ですがドーム状で奥壁は1枚石、メタボ腹のように前に突き出ているのがご愛嬌です。損ヶ熊と同じく北西方向に開口、複室と言い同じ古墳群を形成していたんでしょうね。すぐ南側の民家敷地にも古墳状高まりがあり石室らしき石材も露出しています。事前に損ヶ熊古墳は石室閉鎖がわかっていたのであまり来る気はしなかったのですが外すこともないしと思って来たけどそれが大正解でした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
最新記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

各県市町村別
最新コメント
リンク
QRコード
QR