古墳のお部屋ブログ館 TOP  >  岡山県  >  矢掛町 >  泉川原古墳群

泉川原古墳群

岡山県矢掛町 2012年3月訪問、2013年4月再訪

3基

1号
横穴式石室、玄室長4.6,幅1.1,高1.1m(現状)
位置:34°37′38″N 133°33′40″E

下から見た墳丘、側壁露出、右側赤いテープの木辺りが開口部


開口部


石室内は状態良い


平面に仕上げた2段積み奥壁


奥から外、右側側壁がやや乱れているかも


2号
横穴式石室、玄室長4.5,幅1.5,高1.8m(現状)
位置:34°37′47″N 133°33′27″E

丘陵中腹にある墳丘


石室開口部、ほぼ残っているかな


石室正面、急傾斜なのであまり下がれない


良好に残る石室、側壁も全く持ち送り無し


巨石1枚石の奥壁


奥から外、多分無袖


3号
横穴式石室、玄室長4.1,幅1.2,高1.3m(現状)
位置:34°37′47″N 133°33′27″E

1号東側、1号と同様丘陵麓に立地


開口部上から、板状の天井石が落ちている


石室内部、奥の方は埋没


奥から外、右側(下方)に傾いているかな


(見学記)
(2012年)
矢掛町宇内、丘陵麓辺りにある古墳群ですが前を川が流れているので直接には行けません。上流側(西側)に木造の橋があるのでそこを渡って丘陵裾を流れる水路沿い(水は流れていない)を東に行く。途中神社があり更に先水路に懸かる石橋を渡ると1号があります。墳丘は殆ど分からず東南に開口、4mくらい残存奥壁は2段積みです。2基からなる古墳群ですが3基はあるみたい、でも他は分からず。木橋辺りに駐車スペースあり。

(2013年)
他の2基も発見されたので再訪してみました。川に架かる橋の少し上流に堰がありそこを渡って麓の畑の奥に山道があります。トタン板で通せんぼされていますが問題なし。登っていくと山道脇に墳丘があります。南側に石室開口、巨石石室で奥壁は長方形の鏡石1枚、左右の側壁も大型石材で持ち送りがありません。多分無袖式で最前部の天井石が一段下がっています。かまどねこさんが苦労して見つけましたが見つけてみるとここを訪問するのが一番楽かな(3号はその前に訪問)、地元の人も当然知っていて塚を見に来たの、と聞かれてしまった。橋に戻って川沿いにある側溝沿いに東に行くと稲荷神社があります。ここから西に痕跡道をたどって50m程行くと3号があります。墳丘はなんとか残っていて南側に開口、でも崩壊して開口しているような。小型の石室で中に入っても奥の方が狭まっている。ただこちらが本来の入り口だとすると北向きになるし地形的にも不自然、やはり南側が本来の開口部かな。2号があれば当然これが3号ですが、公式にはこの古墳群は2基となっているので仮3号となっています。橋のやや下流側県道沿いに駐車スペースあり。
[ 2014年03月20日 08:00 ] カテゴリ:矢掛町 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です/漢字表記の違いで古墳名で検索すると出てこないことがあります、その時は市町村名で検索してみてください
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR