三の宮古墳

熊本県荒尾市 2013年3月訪問

前方後円墳、TL60,R23,RH6
石人
位置:32°59′58″N 130°28′07″E

川沿いの微高地に構築された前方後円墳


左が前方部、右の後円部は林の中


前方部端は社殿で少し削られている


覆い屋の中に石人を保存


顔に眼や鼻、髭もあるのかな、下部に赤い色が残っている


背後から


(見学記)
荒尾市下井手、八幡宮境内にある全長60mの前方後円墳です。神社自体が微高地に建っていますが古墳は本殿東側にあり前方部が少し削られているようですが背の高い後円部など墳形は良好に残っています。南側に石人が覆い屋の中に保存されています。高さ104cm細かな部分はよく分かりませんが一部に赤い顔料が残っています。古墳は市の文化財だが石人は県の文化財です。南側に駐車可。
ここから東400mの所に萩ノ尾古墳がありますがそちらは福岡県になります。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
最新記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

各県市町村別
最新コメント
リンク
QRコード
QR