古墳のお部屋ブログ館 TOP  >  熊本県  >  熊本市 >  千金甲古墳

千金甲古墳

熊本県熊本市 2013年3月訪問

甲号(千金甲古墳)
装飾石室(閉鎖)
位置:32°46′53″N 130°37′58″E

登り口、大分登る必要がある


急斜面に築かれた墳丘、良好に残る


墳丘上方から、見えているのは葺石か列石か


西向きに開口、手前のコンクリ囲いが本来の開口部、奥のトタン板が盗掘による開口部


石室開口部、埋没


すぐ側に別の小型石室


乙号
装飾石室、石屋形
位置:32°46′46″N 130°38′04″E

突き出た尾根鞍部に立地、上の建物は覆い屋でしょうか


羨道入り口


羨道、石室は良好に残っているようだ


石屋形の奥壁のようです、普通の石積み奥壁の前に板石で石屋形奥壁を設置したのかな


3重の線刻円文、右側にも一部見えている、上部にもあるはずだがよく分かりません


こちら側にも線刻があるはずだが


石屋形線刻(説明板より)


丙号
上方から見た墳丘


周りはフェンスで囲まれている、石室が開口しているようだ


(見学記)
熊本市西区小島9丁目、城西中学校北側の丘陵斜面にありますが登り口はもっと東側、案内表示があり果樹園の中を通っていくと説明板が立っています。そこから急な階段を100m程上るとたどり着きます。墳丘は柵に囲まれていますが中にはいることが出来ます。有名な装飾古墳だから石室はこれっぽっちも期待してなかったけど墳丘は結構良好に残ってましたね。葺石がされているようでその効果があったのかな。石室は西向き、本来の入り口は埋まっていますがかっては天井部が開口していたようでここに扉をつけて閉鎖しています。すぐ側にも石室入り口らしきものがありますが墳丘はないけどこれも古墳なんでしょうか。
説明板に戻ってすぐ下に見えているのが丙号、墳丘は良好のようですが周りを柵で囲まれています(後から知りましたがどうも石室開口しているようです)。その下にあるのが乙号、こちらも柵で囲まれていますが中に入れます。石室は覆い屋で保護されていますが羨道が開口、玄室奥壁(石屋形奥壁)がなんとか見えてます。肉眼では無理ですがデジカメで撮ってみると3重円紋線刻装飾画が何とか分かります。その右側にも円文線刻の一部が見えていますが割れ目で欠けています。どれも見られるとは思ってなかったからこれはラッキーでした。
説明板には周囲の古墳分布も描かれていて古墳群をなしているようです。千金甲古墳は甲号だから本来なら千金・甲古墳で古墳群名が千金古墳群になるんでしょうけど、もう「千金甲」古墳でとおっているし説明板も千金甲古墳群となっていましたね。
果樹園内を通る道はそんなに狭くないから車を停めても特に問題はないけど転回するのにちと苦労します。甲乙号が国史跡、丙号は市史跡。
[ 2014年06月26日 08:01 ] カテゴリ:熊本市 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です/漢字表記の違いで古墳名で検索すると出てこないことがあります、その時は市町村名で検索してみてください
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR