古墳のお部屋ブログ館 TOP  >  熊本県  >  熊本市 >  二軒小屋古墳

二軒小屋古墳

熊本県熊本市 2013年3月訪問

複室石室、石屋形
位置:32°47′24″N 130°39′49″E

斜面上から見た墳丘、丸い墳丘に竹が串刺し状態


周辺に外護列石が巡っているのかな


斜面を大規模にカットして平坦面を造成、そこに墳丘を構築


石室墳丘とも極めて良好


石室正面、立ったまま入っていけるレベル


平石を重ねた羨道、一部で腰石風の石を据える


角柱を組み合わせた前室玄門、扉石を嵌め込んだ溝が彫られている


前室、横の広がりはなく通路状


石屋形を据えたドーム状後室


〃縦位置


石屋形は天井石奥壁両側の石とシンプルな構成、それ程背は高くない


左側壁、下部に腰石上部は小口積み


右側壁


ドーム状背の高い後室


天井真下から、見事に丸くなっている


玄門奥から


〃縦位置


玄門左側


玄門右側


前室奥から、幅がなく天井が高くなっているのが分かる


羨道奥から


(見学記)
熊本市西区上高橋2丁目、山裾にある池上町の集落の中を通る道から山側に逸れると50m程で車止めで通れなくなります。そこから舗装路を歩いて5分ほど、山の中に立派な家がありそこから東側斜面を20m程降りると古墳があります。斜面をカットした墳丘というと普通山側を少し掘った程度が普通ですがここのはそんな半端じゃなく大きく整地して平坦面を作り墳丘を構築しています。南向きに開口、複室石室が良好に残っています。羨道を入るとまず組合式玄門、扉石をはめ込んだ浅い溝が彫られている。その先は前室ともちょっと違う通路状、更に玄室に入ると見事の一言、背の高いドーム状肥後型石室で天井石も1枚、石屋形も完全に残っています。ただ他の同様の石室とは違い基部の石材がそれ程大きくなく石屋形も独立していて背も低く石屋形と言うより石棺に近い感じです。これ程の石室が殆ど無名で残っているとはね。ちょっと行きづらいけど(脇道を探すのに時間が懸かった)それだけの価値のある古墳でした。集落内に駐車できる空き地あり。
[ 2014年07月03日 07:38 ] カテゴリ:熊本市 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です/漢字表記の違いで古墳名で検索すると出てこないことがあります、その時は市町村名で検索してみてください
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR