古墳のお部屋ブログ館 TOP  >  熊本県  >  熊本市 >  石川山古墳群

石川山古墳群

熊本県熊本市(旧植木町)2013年3月訪問、2014年3月再訪

9基(それ以上あるかも)

案内板
更に先にもう一つの案内板がある


1号
尾根筋にある小型墳丘


2号
前方後円墳、TL34,R22,RH4,FW10,FH2
位置:32°54′02″N 130°43′22″E

丘陵頂部にある小型前方後円墳、前方部端


前方部から後円部


後円部南側から


3号
複室横穴式石室、石棚

斜面上から見た墳丘


手前は前室開口部、奥は後室天井開口


前室開口部、羨道は埋没


開口部からカメラを突っ込んで撮影した前室、玄門手前に敷石がある


天井も少し高くなっている


後室天井開口部、深くて中に入れず


奥壁に石棚、石棚としてはかなり小型


後室斜め上方から


4号
複室横穴式石室
石屋形、線刻壁画
位置:32°54′00″N 130°43′24″E

丘陵麓辺り、大きな墳丘が残る


南向きに開口、天井石が折れて落下


手前は広がっていて前庭なのかな


前室玄門、扉石を嵌めこむ溝が彫られている、上部にも石を嵌めこむ切り欠きがある


後室玄門、こちらも上部に切り欠きがあるが明瞭ではない


前室左側、側壁は1枚、下部の石はなんだろう


右側も1枚石、下部の石はない


後室石屋形、奥行きがあまりないので全体が撮りにくい、袖石には僅かに彫り込みがある


〃縦位置、天井石にも同様の彫込、ひょっとして刳抜式玄門の転用ではなかろうか


玄室上部、下部と上部の石材の違いがはっきり


ドーム状後室天井、極端には狭くない


後室右側


後室左側


奥から外、切石の袖石


石屋形内側から左方向


〃右方向


前室奥から、天井も1枚石


天井石線刻


線刻ははっきりしているが何の模様かわからない


5号
複室横穴式石室、後室長2.5,幅2.1m(概略)

4号南側、麓辺りに立地


石室正面


羨道は破壊、羨道と玄室が二重に開口


前室玄門


幅が狭く通路状の前室


鏡石を据えた後室、上部が抜かれている


〃縦位置


奥から外、両袖式、こちらも上部が抜かれている


奥から左方向


〃右方向、全体に粗い石材


前室奥から


(6号以下は仮番号、上下方向に直線状に並ぶ)

6号
一番下にある墳丘、右上方にも2基見えている


斜面にはっきりした墳丘が残る


7号
こちらも斜面に墳丘がはっきり


8号
分かりやすい墳丘


9号
左8号、右9号、前方後円墳風


10号
9号上、下に9号が見えている


11号
低い墳丘がかろうじて残る


(見学記)
(13年)
北区植木町石川、鬼のいわや古墳から高速道を挟んだ南東側にある石川山に分布する古墳群です。植木工業団地の北側に九州ライフという会社がありそこから山裾の道を200m程行くと案内表示が出ています。そこから山道を進むと更に1-3号の表示があるので雑木林の中を上っていきます。ここをそのまま真っ直ぐ行くと4号に至ります。雑木林には道がないですが所々に目印の青いテープが貼られています(無くても別に問題ないですが)。尾根につくとまず1号これは低平な墳丘があるだけ、すぐ南側尾根頂にあるのが2号でこれは前方後円墳、良好な姿が残っていますが墳頂が僅かに窪んでいます。更に南側下方にあるのが3号、円墳ですが規模自体は2号後円部より大きそう。西向きに石室開口複室石室のようです。入り口は狭く無理して入れないこともないですが玄室天井部が開口しています。それ程大きな石室ではないですが奥壁に小規模な石棚が見えています。ここも入って入れないことはないけど出るのに苦労しそうなので諦めました。更に東側下方にあるのが4号、丘陵麓近くに立地した大きな円墳です。ここも南側に開口、正面から見た石室の幅が広く羨道と言うより前庭でしょうか。奥にまぐさ石が真っ二つに折れていますが何とか石室に入れます。複室石室で前室後室完存、玄門は切石を使った角柱状の袖石、上部にまぐさ石を乗せる切り込みがあるのがこのタイプではよく見かけますが普通前につくのが後室玄門右側のは何故か後ろ側に切り込みがあります。これではしきみ石が巧く取り付けられないと思うが設置ミス?。玄室は石屋形を持つドーム状、左右の側壁基部が巨石で石屋形と同じ高さがありもう一体化している感じですね。石屋形前面の石はナイフで抉ったようなカーブを描いているが印象的、今回見かけた石屋形の中ではここだけでした。

(14年)
4号の線刻壁画を撮り忘れていたし南側に5号もあるというので再訪、5号は4号南側50m程、墳丘は割と残っていますが盗掘で石室上部露出羨道もかなり破壊されています。複室石室ですが前室は羨道と幅が殆ど同じで小さな袖石を立てて区別した程度、既に形式的になってきているんでしょうか。玄室は奥行き2.5m幅2.1m程袖石を立てた両袖式、奥壁基部は巨石1枚上部を持ち送りにしていますがドーム状というほど顕著ではない。天井席の一部が抜かれて内部は明るい。更に南側に小墳丘が上下方向に並んでいます。6-9号は消滅10-12号があるそうだが見た限り6基はあるような、どれも墳頂が窪んでいますが石材は見当たりません。
[ 2014年07月17日 07:48 ] カテゴリ:熊本市 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です/漢字表記の違いで古墳名で検索すると出てこないことがあります、その時は市町村名で検索してみてください
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR