古墳のお部屋ブログ館 TOP  >  佐賀県  >  武雄市 >  勇猛寺古墳

勇猛寺古墳

佐賀県武雄市(旧北方町)2014年3月訪問

横穴式石室3基、全てに線刻壁画
1号石室:玄室長3,幅1.6,高3m
2号石室:玄室長2,幅1.5,高2.1m
3号石室:玄室長2,幅1.2m
位置:33°11′39″N 130°04′53″E

竹林の中に痩せ細った細長い墳丘がある、太い竹に阻まれて写しにくい


(1号石室)
墳丘東端にある石室、羨道や玄室片側が崩壊、半分でもよく残っているもんだ


幅の割に背の高い玄室


基部に大型石材を据える、上部の小型石材も面を整えている


袖石が両方共残っている、両袖式


袖石の線刻、格子紋


(2号石室)
墳丘中央にある石室、これが一番状態が良い


玄門開口部、羨道上部は壊失、まぐさ石にヒビ、玄室天井石が突き出ている


奥壁側壁とも基部に大型石材を据える、玄室自体は小型


〃(縦位置)大小の石を組み合わせている


奥から外、袖石を立てた両袖式、羨道部が一段高く竪穴系横口式石室


まぐさ石上部、天井は狭い


奥壁上部も開口、そこから内部、まぐさ石上部がポッカリ開いている


線刻、ゴンドラかな


家屋?


格子紋と斜格子紋


斜格子紋


(3号石室)
墳丘西端にある石室


石室殆ど露出、天井石は最後部を除いて壊失


小型石室、奥壁はどうなっているんでしょうね


奥から外、左の袖石はあるが右はよく見えず、ここも玄室床面が下がる竪穴系横口式石室


線刻、人物


格子紋


見学記
永池脇の道路に勇猛寺の案内表示があるのでそこを曲がって曲がりくねった道路を登って行くと勇猛寺が有ります。お寺の北西側道路斜め向かいの竹林の中にあります。細長い墳丘が残っていて3つも石室がある贅沢さです。東から1,2、3号石室、1号石室は背の高い玄室ですが右側壁が崩壊天井石も落下して危険な状態です。基部に大型石材を据えていますが全体に石材は小さめ、柱状の袖石が残っていてこの一つに線刻が有ります。中央の2号石室が一番良好で玄室床面が羨道より一段下がる竪穴系横口式、玄門まぐさ石の上がぽっかり開いていますがこれは初めから無かったのでしょうか。滋賀県の石室でこういうのをみたことあるな。天井石は2枚ですが前のは羨道側に突き出ています。斜格子紋家屋紋ゴンドラなどいろんな線刻が有ります。西側の3号石室も竪穴系横口式石室だそうですが全体に細長く2号とは大分様相が違います。天井石が落下していたりして状態はよくありません。ここも線刻が見られます。1墳3石室というのも珍しいですが石室形体がそれぞれ違うのも興味深いです。それにしても周りは石がゴロゴロ、石室の材料にはことかかないだろうけど作業用通路を作るのも面倒そうだしなんでこんな場所に造ったんでしょうね。お寺の敷地内だそうなので一応お寺に挨拶をしてほしいそうです(ご住職談)。ちなみに寺の読みは”ゆうもうじ”でなく”いもうじ”のようです。寺前に駐車スペース有り。
[ 2014年12月18日 08:01 ] カテゴリ:武雄市 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です/漢字表記の違いで古墳名で検索すると出てこないことがあります、その時は市町村名で検索してみてください
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR