古墳のお部屋ブログ館 TOP  >  熊本県  >  宇城市 >  御領東原古墳群(御領古墳群)

御領東原古墳群(御領古墳群)

熊本県宇城市(旧不知火町)2014年3月訪問

現存3基

1号
横穴式石室
位置:32°39′16″N 130°40′34″E

民家敷地内に石室完全露出、ちょうど家の人が出てきたので挨拶して見学


全体が板石で構成、この側壁が一番の巨石


天井は壊失、手前の石が天井石かも、側壁が傾いているのは元々かな、奥壁は奥壁らしい鏡石


斜め後方から、奥壁はやや厚みがある


後方上から


2号
横穴式石室、全長3.6m、玄室幅2.5,高1.65m
位置:32°39′19″N 130°40′33″E

墓地の南端にある、屋根は石仏の為のもの


板石で構成された石室完全露出、手前の巨石は倒壊した奥壁


奥壁は側壁より厚みがある


側壁はやはり内側にやや傾く


片側の側壁は真っ二つ


天井石が危うい状態で立っている


3号
位置:32°39′21″N 130°40′32″E

2号から見た3号


僅かな高まりが残る


巨石の一部が露出、側壁でしょうか


見学記
宇城市不知火町御領、宇賀岳古墳のある丘陵西側麓にある住宅地の中にある古墳群です。「不知火町の文化財」では御領古墳群となっています。まず見つけたのが民家敷地内にある石室(前記の本ではこれが1号)。板石巨石を使った石室が完全露出しています。この家の方に聞いてもう1ヶ所墓地にもあるのを教えてもらいました。こちらが2号(前記本による)、こちらも板石巨石を使った石室で完全露出奥壁は倒れていますが1号よりは一回り以上大きい。1号は2号南側に御領団地公園がありその東北隅から東30mの民家内です。墓地の北側に高まりが有り上にもお墓が有りますがここにも側壁かと思われる板石巨石が僅かに露出していてこれも古墳のようです(3号)。ここは場所がよく分からずこんな所に古墳があるのかと車で流していたら偶然1号を見つけました。帰ってから地図を見ると2号が御領古墳として載っているじゃないか。もし訪問前にこれを知っていたら他は見つけられなかったかもしれないし怪我の功名となりました。
[ 2015年05月21日 08:01 ] カテゴリ:宇城市 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です/漢字表記の違いで古墳名で検索すると出てこないことがあります、その時は市町村名で検索してみてください
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR