古墳のお部屋ブログ館 TOP  >  熊本県  >  氷川町 >  大野窟古墳

大野窟古墳

熊本県氷川町(旧竜北町)2014年3月訪問

前方後円墳、TL123,R39,RH11.5
複室横穴式石室、全長12.4m、羨道長3.5,幅1.8,高2.1m、前室長1.85,幅2.15,高1.92m、後室長5.20,幅2.93,高6.50m
刳抜式家形石棺、長2.40,幅1.30,高0.87m
位置:32°34′08″N 130°42′15″E

丘陵最高部辺りに大きな墳丘が残る、かっては円墳と思われていたが今は前方後円墳と確認された


墳丘西側に神社、地形的には右側が前方部だろうな、階段前に説明板があるがまだ円墳となっている


神社脇に石室開口、鍵は借りられるようです


羨道入り口まで良好に残る、閉塞石を嵌め込んだ溝が彫られている


羨道石組みも1枚石や柱状の石で見事


前室玄門、切り石角柱を立てている


前室、玄門左右にも角柱を建てた複雑な構造、一部赤い顔料も残っている


1枚石の前室左側壁


右も同様


肥後型石室の後室、石材が黒っぽいせいかストロボを付けても暗く写る


〃縦位置


内部照明があるので付けてみましょう、この方が肥後型石室の特徴がよく分かります、天井は左右側壁が出ていてそれに乗せている、天井前面上下に溝


石棺は蓋石壊失、身の上部に段差がある、奥壁左上隅に欠けている部分があるがこれは他の肥後型石室でも見られ意図的なものでしょうか


〃縦位置


石室上部


四角く狭い天井、天井石は1枚石、日本一の高さを誇る


奥から外、まぐさ石は嵌め込んだのかな


玄門上部、ブロック上の石を積み上げているのが分かる


前室奥から外


見学記
氷川町大野、国道3号大野交差点に案内表示有り、そこから県道を通っていきますが古墳周辺の道路は狭い。丘陵上竹林に覆われた大きな墳丘が残っています。円墳と思われていましたが前方後円墳だそうです。西側に神社がありその脇に石室開口、全長11.2mの複室石室で非常に良好に残っています。羨道からして板状巨石側壁、入り口天井には扉石を嵌め込んだ溝が掘られている。前室玄門は柱状袖石を立てとくにまぐさ石はない。前室は天井高さは羨道と変わりないが左右側壁は巨石1枚石、後室玄門はやはり左右に袖石を立て下向きコノ字状の二重構造、ヒビが入っていますが刳抜式の1枚石でしょうね。玄室は肥後型奥壁沿いに石屋形がありますが左右の袖石はなく石棚状、その下に巨大な刳り抜き石棺の身があります。当然蓋石もあったんだろうけど破片が転がっています。左右に屍床があるそうだがはっきり確認できなかった。なんと言ってもここの最大の特徴は天井が非常に高いこと、驚きの6.48mと日本一の高さ。普通3mあったら背が高いと感じる4,5mもあったら非常に高いと感じるけどここは6mを超えてますからね。上の方の石が黒っぽいこともあってストロボ撮影しても光が届きません。幸い内部照明があるけどね。入り口に柵がありますが教育委員会に申し込むと見学できます。石室前まで車で入れますがターンが出来ないので東側の道路に止めて歩いて行ったほうがよい。県史跡だったけど国の史跡に昇格。
[ 2015年06月18日 08:00 ] カテゴリ:氷川町 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です/漢字表記の違いで古墳名で検索すると出てこないことがあります、その時は市町村名で検索してみてください
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR