室山古墳

熊本県氷川町(旧宮原町)2014年3月訪問

舟型石棺、箱式石棺(移築)
位置:32°32′54″N 130°41′07″E

石棺2基移築、覆い屋で保護


右が1号舟型石棺蓋と身、左は2号箱式石棺


舟型石棺はかなり破壊されている


内部に石枕、人頭状の窪み


側面には小さな縄掛け突起、穴も空いてます


縄を通すには十分な大きさ


貫通しているようです、実用だったんでしょうか


見学記
墓地公苑に入って行くとすぐ右側に車止めで通せんぼされた山道があります(そんなのなくても車が通るのは無理)。そこを入っていって茶畠背後の林の中にあります。覆い屋で保護された舟型石棺、蓋石は破片になっていますが身は良好に残っています。内部に石枕があり陣頭状の窪みが付けられています。蓋には縄を通したのか両側に穴が開いています。ただ側面側はかなり小さくて実用になったかどうか。側に箱式石棺がありますがこちらは宮原小学校新築の際発見されたそうです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
最新記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

各県市町村別
最新コメント
リンク
QRコード
QR