古墳のお部屋ブログ館 TOP  >  岡山県  >  倉敷市 >  福田石屋谷古墳群

福田石屋谷古墳群

岡山県倉敷市 2014年4月訪問

3基

1号
横穴式石室、玄室長5.3,幅1.7,高1.6m
位置:34°33′14″N 133°45′27″E

石室正面、羨道上部壊失、立っているのは割れた天井石でしょうか


玄室は良好、側壁は殆ど持ち送りなし


奥壁は四角い鏡石+左に幅合わせの柱状石、上に平石を重ねる


奥から外、入り口から土砂が流入、床面に仕切り石があったのでしょうか


墳丘は一部削られ石材露出


2号
横穴式石室、全長7.9m、玄室長5.3,幅1.7,高1.6m
位置:34°33′12″N 133°45′31″E

低いがハッキリした墳丘が残る


石室正面、右の石も羨道か


細長い羨道が残る


玄室も良好、持ち送りも無し


奥壁は鏡石+左に詰石と1号に似る


奥から外、袖石を立てた左片袖式


羨道奥から、右側に段差があるように見える


3号
横穴式石室、全長7.3m、玄室長5.3,幅1.7,高1.6m
位置:34°33′06″N 133°45′33″E

大きく低い墳丘が残る


開口部左側には殆ど墳丘が無い、半分くらい削平されているようだ


大きく空いた開口部、羨道は後部しか残っていないもよう


玄門、一段下がったまぐさ石と右に袖石


玄室良好、石材も1,2号と同様のサイズ


奥壁は1,2号と違い1枚石


奥から外、左片袖式



見学記
倉敷市福田町浦田、3基からなる古墳群ですが丘陵上ではっきりした進入路がなく訪問しづらい。西側を走る県道から石材店がある小道を曲がって奥に入っていきます。谷筋が畑になっていて南北に伸びる細長い尾根上にあるのが1号ですがはっきりした目標がないので林の中に入って行きづらいです。墳丘は周囲がかなり削られ南に開口、最前部天井石が割れて落下していますがそれ以外は良好、前部に土砂が流入して玄門部は見られません。奥壁は四角い鏡石+左に幅合わせの石+上に平石です。畑から雑木林を通り抜けて更に奥に行くと果樹園があります。その奥雑木林の中にあるのが2号、前にある作業小屋が目印。墳丘石室とも良好、細長い羨道までよく残っています。途中左側壁に段差がありますが石材がせり出してきているのか元々なのか。玄室も完存、比較的大きさの揃った中型石材使用、奥壁は不定形五角形鏡石+左に幅合わせの石+上にα、玄門は袖石を立てた左片袖式です。ここから南側尾根上を南下、山道があるので問題なくやや下りになった辺り右側に墳丘が見えます、これが3号。一見墳丘良好のようですが開口部が現墳丘西側に偏っていて左半分がそっくり削平されているようです。羨道は最後部辺りしか残っていませんが玄室完存、奥壁は巨石1枚石袖石を立てた左片袖式です。1号南側にも西に突き出る尾根があり上部が広い平坦面になっていて古墳築造には最適な感じもしますが何もありません。2,3号などより余程適地かと思うんですけどどのように選地しているんでしょうね。石材店奥に駐車スペースがありますが農作業用の車が止めることがあるのでお勧めできません。2台止まっていたのでその後ろに無理して止めました。
[ 2016年03月03日 08:00 ] カテゴリ:倉敷市 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です/漢字表記の違いで古墳名で検索すると出てこないことがあります、その時は市町村名で検索してみてください
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR