新田ヶ丘古墳群

鹿児島県阿久根市 2015年3月訪問

4基、2基は埋戻し

1号
横穴式石室
位置:130°12′14″N 32°04′48″E

低い丘陵端に築かれている


石室完全露出、玄室辺りしか残っていない


正面から、右側のは側壁でなく天井石とのこと、右奥に2号がある


斜め前から


後方から、奥壁は幅広い


2号
横穴式石室
位置:32°04′47″N 130°12′17″E

こちらも石室完全露出、手前が開口部で仕切り石があるのかなと思ったのですが


西側から


北側から


形からして右側の石が奥壁っぽいし、だとすると反対側の石は閉塞石としても巨大すぎるし


内部にも石材が落ち込んでいるようです


見学記
阿久根市脇本、三笠中学校北方150m、4基からなる古墳群ですが3号(地下式板石積石室)、4号(箱式石棺)は埋め戻されています。三笠中前の国道389号を北に曲がると案内板があるのでそこを左に曲がって100m程、一見新興住宅地を思わせる名前ですが畑の中に1号石室が完全露出しています。奥壁と側壁が1枚ずつ残存、右手前のは側壁のように見えますが奥壁が転落したものだそうです。東50mの所に2号があります。ここも天井席を失った石室が完全露出、初めは南に開口で手前に仕切り石があるのかと思いましたが右側の石が上部が尖っていてむしろそちらの方が奥壁っぽい、内部にも石材があって正直良くわかりません。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
最新記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

各県市町村別
最新コメント
リンク
QRコード
QR