古墳のお部屋ブログ館 TOP  >  山口県  >  下関市 >  傍示古墳群

傍示古墳群

山口県下関市 2004年11月訪問、2007年12月再訪

従来石室墳2基。04年工事に伴う発掘で更に4基発見。

1号
横穴式石室

石室開口部、天井石が露出している


羨道、かなり埋没


ドーム型背の高い玄室


〃(広角ストロボ無し)


落下しかけてる天井石


奥から外


〃(広角ストロボ無し)


2号
円墳、R15
複室横穴式石室、前室長1.3,幅1.4,玄室長2.2,幅2,高2.4m
位置:34°02′35″N 131°04′16″E

石室正面、羨道天井石は失っているが玄室、墳丘は良好に残存


前室


玄室





1枚石の狭い天井


奥から外


前室奥から


仮1-4号発掘風景
中央右玄門天井石があるのが仮1号、その左が仮2号、殆ど接している、左端僅かに見えているのが仮3号、右端が仮4号、1,2号の南200m、尾根上にある


仮1号→(5号)
円墳、R12
横穴式石室、玄室長2.8,幅1.9m

石室正面


羨道、玄門


巨石を使った玄室


玄室奥上から


玄室上から、棺台らしき石が敷かれている


玄室右上から


玄室斜め後ろから


後日封土を取り去った状態


仮2号→(4号)
円墳、R12
横穴式石室、玄室長3,幅2m

墳丘、地山を整形しその上に盛り土している


巨石を使った玄室


奥から外、敷石が敷かれている


石室横から、封土を取り去った状態


石室正面


玄室奥上から


仮3号→(3号)
円墳、R11
横穴式石室、玄室長2.3,幅1.5m

墳丘


玄室


奥から外、羨道にも敷石がある


石室上から


封土を取り去った状態、奥が仮2号


石室正面


石室背後から


石室斜め後ろから、奥の林の中に1,2号がある


仮4号
崖で大半が消滅、墳丘と周溝の一部しか残っていない


【王喜傍示古墳広場】
3,4,5号石室を移築して公園として保存公開

全景
バイパス脇に造られた公園、後方削られた尾根辺りにあった


後方丘の上に1,2号がある


3号
復元墳丘


石室正面


石室奥上から


4号
復元墳丘


石室正面


玄室奥上から、床面に敷石がある


5号
復元墳丘、4号より古く一部墳丘が削られている


石室正面


玄室


玄室奥上から、奥壁沿いに木棺を置いた棺台の平石が置かれている


(見学記)
(2007年)
下関市松屋東町1、元の尾根からやや西側国道2号バイパス脇に古墳公園として石室3基が移築されて公園として公開されました。駐車場有り。仮ナンバーが付いていた仮3,4,5号はそれぞれ5,4,3号となっています。石室はほぼ元の状態のまま位置関係も保ったまま復元されていますが南北に並んでいたのが東西になったのは土地の関係状致し方ないですね。入り口に周辺部の航空写真があり付近の古墳が幾つか載っていますが傍示1,2号は未記載、王喜寺山古墳は石室墳ですが既に消滅しています。消滅は消滅とはっきり書いて貰いたいものだ。

(2004年)
国道2号を通っていたら下関と山陽町との境界をなす尾根の上で林が取り払われ地山が見えていて明らかに発掘が行われている様子が見えました。ここは以前に一度探しに来たけど尾根にあがる道が見つからなくて断念した場所で古墳の発掘だとワクワクして行ってみました。予想通り古墳の発掘中(下から見て古墳と思ったのはただの残土だったけど(笑))、しかも石室が3基(墳丘は4基)もあるじゃないですか。でも資料によればここには2基しかないはずと思って聞いてみたら従来から知られている傍示古墳群はもう少し北側の丘陵斜面にありこちらはどうやら新発見のようです(仮1-4号と名付けられている)。現説は既に終わっていましたが資料は貰えたし作業の合間に自由に写真を撮れたし私にとってはこちらの方が好都合でした。仮1、2号は墳丘が殆どくっついていて一見1墳2石室のよう、どちらも殆ど天井石を壊失していますが割と大型の石を使った両袖式の石室です。床面には敷石がしかれ1号の方には棺台もあります。西側の仮3号はやや小型ながらこちらも両袖式、細長い羨道も割と残っています。東側の仮4号は崖になっていて墳丘の一部と周溝が残るのみ。残念なことにバイパスルートになっていて発掘後は消滅のようです。せめて石室だけでも移築保存してもらいたいのだが。
作業員の方に教えてもらって本来の傍示古墳群も見学。林の中に入っていくと天井石が露出した1号墳が見えてきます。羨道はかなり埋まっていますが匍匐後進(←分かる人は分かるだろう)、玄室は背の高いドーム型ですが天井石が落ちかかって途中で引っかかっている。天井石が落ちているのは何度も見たことはあるがこんな状況は初めて、かなり怖かった(後日また入ったけど)。ので写真を撮って早々に退散しました。2号墳はこのすぐ上にあります。こちらは羨道の天井石が無くなっている程度で墳丘石室とも良好、響灘沿岸でよく見かける複室構造ドーム型の玄室です。今回は発掘中でライトはいらないだろうと思って持ってこなかったのでカメラのストロボの明かりで石組みの様子を見る始末でした(なので後日また訪問)。
[ 2013年01月29日 10:47 ] カテゴリ:下関市 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です/漢字表記の違いで古墳名で検索すると出てこないことがあります、その時は市町村名で検索してみてください
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR