古墳のお部屋ブログ館 TOP  >  熊本県  >  上天草市 >  千崎古墳群

千崎古墳群

熊本県上天草市(旧大矢野町)2015年3月訪問

5群、積石塚13、竪穴石室1、箱式石棺13以上(現地説明板より)

麓にある説明板、登り口はやや離れている、上には説明板や標柱は一切なし


(以下見学順)

(東尾根)
その1
箱式石棺
位置:32°34′51″N 130°28′30″E
東向き尾根先端頂部に位置する箱式石棺


保存状態も良い、奥に見えているのは別の石棺のようだ


大きな蓋石も残る、側板は複数枚のようだ


その2
箱式石棺
こちらも長い箱式石棺


小口石も何とか残る、側板は1枚石のようだ


1枚目と反対側


その3
積石塚
尾根鞍部辺りに立地


純然たる積石塚ではなさそう、後方にその2


主体部に箱式石棺


もう1基石棺がある


その4
尾根鞍部急斜面際に4基程並ぶ


鹿児島の地下式板石積石室に似ている


その5
箱式石棺?、2基あるかも


その6
これも地下式板石積石室に似る


急斜面際に並ぶ4基、左のも別の1基かも


その7
積石塚
尾根筋上方から、左奥に3-6、後方に木材で囲まれた区画があるが気になるな


この群にしては墳丘が残る


その8
箱式石棺
南北と東尾根が交わる最高所に位置する


箱式石棺蓋石露出、割られているようだ


(北尾根)
その9
石材露出、側壁が並んでいるように見える


その10
箱式石棺
良好に残る、その1より小型


構造はほぼ同じ


小口側から、加工も見事


蓋石も半分程残る


2枚の側板組み合わせ部分、木材加工の継手のような見事さ


その11
箱式石棺
石棺蓋石散乱


積石塚かと思ったけど単に散乱しているだけのようだ


その12
石室基部残存、海の見える丘


その13
箱式石棺
側板片側が残る


側板は割と厚いようだ


その14
箱式石棺
半ば埋まった状態で残る


周りの割られた蓋石でしょうか


板石の加工が見事


内部はすっかり埋まる


(南尾根)
その15
こちらは道が殆ど無し


石室材が1ヶ所に集められているそうだ


その16
石材散乱


石棺蓋石でしょうか


見学記
大矢野町維和、維和島北端海岸近くの丘陵上にある積石塚13、竪穴石室1、箱式石棺13以上からなる古墳群で尾根毎に5支群に別れています。説明板辺りからから登って行くと尾根上に箱式石棺や積石塚が点々としています。この尾根は下草も殆ど生えてなくて見学しやすい。丘陵頂部に登って北や南尾根にも古墳が幾つも並んでいます。北東は山道がありますが南西は未整備です。尾根下の道路脇に説明板がありますが上には説明板や表示板も全くありません。なので見落としているのも幾つかあったよ。説明板の所に駐車スペースあり。市史跡。
[ 2016年07月07日 19:31 ] カテゴリ:上天草市 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です/漢字表記の違いで古墳名で検索すると出てこないことがあります、その時は市町村名で検索してみてください
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR