志柿大松道古墳

熊本県天草市(旧本渡市)2015年3月訪問

横穴式石室(石棚)、玄室長2.2,幅2.2,高2.5m
位置:32°27′11″N 130°13′24″E

道路脇に案内板、その奥に説明板


急斜面に説明板があってその上方に古墳がある


墳丘背後は多少削られているようだ


開口部、手前のは羨道天井石でしょうか


板状袖石を立てた玄門、中央通路が狭い、左側は石組みがしっかりしているが右は粗っぽい


石棚を持つドーム状玄室


石棚下部奥壁、基部に大型石材を据える


石棚上部はブロック状石材を積み上げる


真下から見た天井の様子、画面下部が石棚で天井石は1枚


奥から外、袖石を立てた両袖式


側壁石材が薄いので割れている、玄門側側壁は左側と一部重なっている


反対側は下部が1枚石


見学記
志柿町、天草諸島上島北岸を通る国道324号、松戸川河口辺りに西原商会の大きな緑色の看板があるのでそこを南に曲がるとすぐ案内表示があります。そこから林に入ると直ぐ急斜面の上に墳丘が見えています。海ではなく西側谷筋の方に開口、前面が崩れて羨道はかなり崩壊していますが玄室完存しています。幅の広い板石を使った両袖式、お馴染みドーム状の肥後型石室ですが最大の特徴は石棚があることです。中段少し高い場所にあって分厚い板石、上面より下面のほうが平面に加工されているようです。案内表示の所に駐車スペースあり。市史跡。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

ブログ内検索
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
最新記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

各県市町村別
最新コメント
リンク
QRコード
QR