古墳のお部屋ブログ館 TOP  >  岡山県  >  岡山市北区 >  最上稲荷奥の院古墳群(仮称)

最上稲荷奥の院古墳群(仮称)

岡山県岡山市北区 2015年4月訪問

最上稲荷遠望:南東大平山からの眺め
最上稲荷奥の院古墳群は山頂近くの緩斜面に密集


横穴式石室墳15基
(番号は「古墳奮闘」に従う)

1号
割と墳丘が残る


古墳群は下草があまりないので割と観察しやすい


石室正面、右側の石は墳丘列石でしょうか


大きな開口部


良好に残る玄室、側壁はほぼ垂直、目地が塗られているが他の石室も同様


四角い鏡石+平石の標準タイプ、右奥の側壁だけが背が高い


奥から外、無袖かな


2号
石室露出、樹木が入り口塞いでる


隙間から内部撮影、割と残っている、奥壁は標準タイプ


3号
天井石露出、開口部は見えず


天井石が動かされている


横から、内部は殆ど埋没


石室後方から


4号
前部が崩壊した石室


天井石も今にもずれ落ちそう


石室後部はよく残る


鏡石は四角くないが平石を載せた標準タイプ


5号
天井石露出、手前のは羨道のでしょうか


石室後方から


最後部が何とか残る


奥壁は上に平石を載せるがしたと比べると随分大きい


6号
石室露出も入り口に木が生えて邪魔してる


横から


後部が残る、小型の割に天井石が大きい


標準タイプの奥壁


7号
露出石室、天井石が内部に落下


天井石が板状に加工されている


奥壁は何とか残る


小型だが標準タイプの奥壁


8号
石室正面、ほぼ玄室を真っ直ぐに見ているのだが


羨道が斜めになっているような気ががする(追記:戦後石材が積み直された可能性があるとのこと)


大きな玄室が残る、側壁も面が整えられている


ほぼ1枚石の奥壁


奥から外、右側は右片袖じゃなく羨道が斜めのせいかな


9号
墳丘は割と残る


石室正面、羨道かなり破壊


ここも羨道が斜めになっているような(追記:8号と同様、戦後の可能性)


玄室は良好、奥の天井石が一段下がる


奥壁は不定形だが1枚石かな


奥から外


10号
石室正面、羨道天井破壊


ゆうゆうと入れる開口部


玄室はやや持ち送りがある


奥壁は標準タイプ、後部天井石が一段下がるが巨石すぎる


奥から外、左方向に歪んているかな


11号
比較的残る墳丘


羨道はかなり崩壊、手前の羨道天井石はかなり平石に加工


石室開口部、木が邪魔してるが問題なく入れる


玄室も良好、左奥に縦長の石


奥壁はほぼ1枚、上の平石はなさそう


奥から外、右片袖かな


12号
石室正面、羨道崩壊


内部は殆ど埋没、天井石落下、奥に何とか奥壁が見えている


天井の様子


13号
前部が崩壊した石室


玄室後部は良好、奥壁は標準型


14号
崩壊石室、写真撮らず

15号
藪の中に羨道天井、奥に開口部が見えている、番号は最後だが山道沿いで多分これが最初に見つかる


天井石が1枚残った石室


玄室は割と良好だが天井石が落下、奥壁は四角い石1枚のようだ


石室後部真上から


残る天井石も今にもずれ落ちそう


見学記
奥の院手前の参道東側に分布する15基からなる古墳群です。廃小屋向かい側辺り、南端辺りから入っていく道があります。トイレもありすぐ側には遊歩道も通っていますが今はどれくらいの人が利用しているんでしょうね。小粒の古墳が揃っていて狭い範囲に分布、中には入れるのも幾つもありそれ程ひどい藪でもないのでお得感のある古墳群です。でも古墳奮闘の分布図を持っていくの必至(笑)。個々の古墳の紹介は省略しますが(似たような石室ばかりだし数が多いと流石に面倒(汗))中に羨道が主軸に対して傾いているような石室が2基ありました。地形や隣の古墳との関係で曲げたとも思えず何ででしょうね。
最上稲荷周辺の古墳群、ここを含めて7ヶ所、1日で廻ることが出来ました、2日がかりになるかと思っていたのでホッ、繁忙期を除けば手前の土産物店の駐車場に無料で車を停めることが出来ます、これも大きかった。なにせ周辺の駐車場は高いので有名だったからな(汗)。10台程度ですが最上稲荷自体の無料駐車場もあるようです、多分ですが。
[ 2016年12月15日 19:38 ] カテゴリ:岡山市北区 | TB(-) | CM(4)
かまどねこさんへ
あんな場所で住んでいる人に出会ったら怖いぞ(^^;)

ケーブルカーがあったんですか、今でも十分賑わっている神社だけど当時はもっとだったんでしょうね。
時々不自然に床面が掘られているのを見かけるけどそういうこともあるのか。
ご住職談ですか、流石に住んでいたとかなんて文章に残す人もいないだろうな。
考えてみれば奥の院そのものには行ってないんだわ(^^;)
戦時の空襲での避難場所ですか、緑山とかあの辺りには多いから一時避難するには格好の場所だったんでしょうね。
[ 2016/12/18 07:55 ] [ 編集 ]
当時の様相
いまや誰もいませんけど(笑)

あの地は当時わりと賑わっていて、手前の広場までケーブルカーが登っていました。
これも戦時中の鉄不足で撤廃されましたが(汗
暮らしていたよ〜は、上の奥の院住職談。
天井低い石室は明らかに本来の床面より掘り込んで空間を広げてますしね。
石材が散らかってたら積み直しそうな予感。

岡山大空襲(現市街地)の折には緑山まで難民が流れてきてたそうなので(緑山地権者談)雨風凌げて戦火を逃れるには格好だったのかもしれません
[ 2016/12/18 01:29 ] [ 編集 ]
かまどねこさんへ
お久しぶり、と言うかコメント自体がお久しぶり(^^;)
奥壁前の段など宗教関連のとは推測がつきますが戦後子供連れの家族が住み着いていたんですか。
(何処にそんな記録が残っていたんだ(^^;))
食い物はともかく水はどうしたんだろ、近くの溜池が既にあったのかな。
石室にホームレスの人が住んでいたのは偶に見かけましたが雨露を防ぐのはともかく住みにくいと思うんだけどね。
羨道の曲がりや幅が広くなっているのはその頃の積み直しですか。他所の県でも見かけたことがあったのでそれかなと思いました。
他所のもひょっとしたら積み直しかも(^^;)
[ 2016/12/17 08:07 ] [ 編集 ]
曲がってるのは...
ココ、20世紀の陶器とかがあったと思いますが

佐太郎塚や霊園のは修行僧の仕業みたいですが
こちらは戦後(岡山大空襲のちあたりから)子供連れの数家族が暮らしていたらしいです。大勢いたので崩れていたのを積み直したかな〜感じ
[ 2016/12/16 23:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です/漢字表記の違いで古墳名で検索すると出てこないことがあります、その時は市町村名で検索してみてください
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR