岩淵古墳

山口県防府市 2016年2月訪問

竪穴系横口式石室、玄室長3.0,幅1.8m
位置:131°30′04″N 131°30′04″E
まさしく丘陵裾に立地


正面に黒い穴が見えていますが開口部ではない、でもそこから入ってすぐの場所


狭い開口部、羨道はよく分からず


まぐさ石上部の石積み、崩壊せずよく残ったものです


玄室は良好、左側壁の傾斜は持ち送りだろうな


天井石が1枚だけ傾いている、倒壊せずギリギリ持ちこたえたようです


奥壁は大きな鏡石を左に据え上と右に中型石材、上に小型石材を重ねる


奥から外、柱状袖石を立てた両袖式、左側が拡張されている


〃縦位置


奥から左側、基部に大型石材を据える


こちらも同様、基部は1枚石


(見学記)
防府市台道、防府西高校北西水田段差部にある古墳です。地形図を見ると丘陵麓辺りに立地しているようです。現在は全体が樹木に覆われていますが東側から寄って行くといかにもここから入っていけるぞといった所がありそこから入るとすぐ石室があります。南向きに開口、羨道部分は殆ど壊失しているようで土嚢が積まれていますが玄門はかなり狭いがなんとか入れる。玄室は3.0×1.8m程の大きさ、天井石が一部傾いていますが概ね良好、側壁は基部に大型石材を据え上部は小型石材を持ち送りにしています。奥壁もほぼ同様で四角い鏡石を据え右と上に平石、後は小型石材を積み上げています。玄門は両袖式ですが袖石は柱状石の上に平石を重ね平石のまぐさ石を置いています。左袖は更に平石を積んで幅を広げています。竪穴系横口式石室だそうですがまさか入れる程の石室が残っているとは思わずラッキー。ただ現状の墳丘を見ると石室の位置がかなり偏っているので元の墳丘はもっと大きかったようです。そうなると墳丘規模に比べて石室が大分小さくなってしまいますが。
ここは防府西校北西という情報しかなかったのですが衛星写真を見てみるともうここしかないと言った状況でした。石室も良好に残っていて満足、県内では完存状態の石室なんて少ないからな。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

ブログ内検索
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
最新記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

各県市町村別
最新コメント
リンク
QRコード
QR