古墳のお部屋ブログ館 TOP  >  大分県 >  七ッ森古墳群

七ッ森古墳群

大分県竹田市 2016年2月訪問

現存前方後円墳2、円墳2

南西側からの遠景、左B右C号


A号
円墳、R20,H4
位置:32°56′55″N 131°18′45″E
一番西側にある円墳、周囲の細長い草はヒガンバナ、こちらの方が有名


小さな舟形石棺出土、石枕の大きさ6cm、幼児用と推定


B号
前方後円墳、TL51,R29,RH6,FW8,FH3
柄鏡型の古式前方後円墳


前方部は細長く低平


後円部正面


前方部右隅から後円部


C号
前方後円墳、TL53,R31,FW12
前方部右隅から後円部、B号とよく似ている


反対側から見てもよく似ている


やはり低平な前方部


後円部頂きは平坦になっているようだ


地形南側がやや高くなっているのでこちらから見ると前方部が目立たない


D号
円墳
一番東側にある


規模はB、C号後円部と変わりなし


(見学記)
竹田市戸上、国道57号沿いにある標高480mの高原にある古墳群です。かっては7基あったそうですが現在は前方後円墳2,円墳2が残存しています。2基の前方後円墳は共に50m程度の柄鏡式、後円部だけでなく極端に低い前方部もよく残っています。円墳のA号からは小さな舟型石棺出土、石枕の大きさが6cm程で生まれたばかりの幼児が埋葬されたのではないかと推測されています。墳丘規模から言えば前方後円墳の後円部とそれ程変わりないんですけどね。ここは国の史跡で公園になっていますが大きな説明板が一つあるだけです。古墳よりも秋のヒガンバナが有名なようで冬のこの時期、葉が足の踏み場もないほど出ていました。駐車場あり。
[ 2017年08月17日 19:26 ] カテゴリ:大分県 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋ブログ館
へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です
プルダウンリスト
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります