古墳のお部屋ブログ館 TOP  >  岡山県 >  横尾古墳群

横尾古墳群

岡山県岡山市北区 2015年4月訪問、16年3月再訪

石室墳50基以上
(古墳番号、数値はHP「古墳奮闘」に従う)

(今週43号以下追加)
2-8号、11-13号16-19号20-22号24-25号28号29-31号34号43-45号46号51-55号56号←(クリックでジャンプ)

2号
位置:34°43′17″N 133°49′55″E
石室前に石碑と石灯籠、神社として使われていたのかもしれない


石室前部は崩壊


横から見ると全体が前に傾いているような


羨道、左右で石組みが大分異なる


玄室は右側壁がやや崩れ天井が傾く、奥壁は三角状の巨石のようだ


奥から外、両袖式


羨道奥から、群集墳で長い羨道が残っているのも珍しい


4号
僅かな高まりが残る


天井石が一部露出


隙間開口


石室はやや埋まるも意外とよく残る


5号
これも低い高まり、右側に斜面をカットした跡が残る


天井石露出


石室前に盗掘跡


石室後部、内部埋没


6号(仮称)
倒木に覆われているが天井石露出


内部は半ば埋まるが意外と良好


8号
墳丘目立たず天井石露出


ここも隙間開口


思いがけず良好な石室、奥壁は1枚石



11号(仮称)
露出した天井石


隙間から撮影、石室自体は良さそう


12号(仮称)
分かりにくいが天井石露出


これは天井石後部


隙間撮影、意外と良好


13号(仮称)
位置:34°43′34″N 133°49′47″E
山道脇に高まりと石材露出


反対側に回るとハッキリ石室と分かる


側壁上部が露出


南側に開口


楽々入室可な開口部、予定外のサービス石室(笑)


細長い石室、左から右に圧迫されている


奥から外、入れるよと言う程度


14,15号
見つからず


16号
斜面に立地、でも実際は溜池すぐ側


開口部、内部は殆ど埋没


17号
位置:34°43′26″N 133°49′44″E
斜面に墳丘が良好に残る


開口部正面


長い石室が良好に残る


左側壁中間辺りに巨石を使用


将棋の駒形の奥壁


奥から外、左の袖があるけどちょっと変、土圧で石がせり出しているのかもしれない、天井石もその部分が傾いている


19号
天井石が露出、ずれて隙間が出来ている


隙間から撮影、奥壁が見えている



20号
尾根先端に立地、天井石がずり落ちている


かまぼこ型の天井石と薄い側壁


側壁は結構長い1枚石


こちらが正面側でしょうか、天井石がよくずり落ちなかったな


21号
露出した天井石


開口部、前部は崩壊しているようだ


幅の狭い石室、奥壁も小型ながら縦長


22号
位置:34°43′26″N133°49′41″E
石室全体が傾いてます


露出した天井石、所々隙間


奥壁辺りは良好に残る、赤い色が残っている


奥から外、大きく傾いている



24号
位置:34°43′25″N 133°49′47″E
小ピーク上に立地、天井石露出


正面側、天井石が落下


開口部正面、右側の側壁が平石


玄室はあまり奥行きはない、上部を失うが奥壁巨石、薄いけどね


左側、石材の大きさが揃う


右側はばらつきがある


奥から外、左は袖石を兼ねた側壁でしょうか


25号
24号すぐ南、側壁上部露出


左側が奥壁でしょうか、天井すっかり壊失



28号
位置:34°43′24″N 133°49′36″E
尾根先端麓に単独で立地、大きな墳丘が残る


板状に加工された羨道天井石


長い羨道、天井が抜けて土砂流入


群内でも最大級の石室


コウモリが多数生息、ストロボの光で飛び回っている


コウモリが飛び去ってからもう一度撮影


巨石鏡石を右側に据える、中央に据えた方がスッキリするのにな


奥から外、左片袖式、羨道天井石がまぐさ石を兼ねて一段下がっている


奥から左側



29号
位置:34°43′29″N 133°49′32″E
荒れた山林斜面に立地


墳丘は割と良好に残る


墳丘背後から


開口部は埋まるも入るのはそれ程困難ではない


石室は良好に残る、高さはそれ程でもない


巨石鏡石を据えた奥壁


奥から外、右片袖式


30号
墳頂に天井石露出


石室はかなり埋まるも何とか残る


31号
斜面に立地、墳丘は多少残る


天井石露出、石材は一部動かされている


石室内部は埋没



34号
位置:34°43′22″N 133°49′34″E
溜池反対側から撮影、右側に石材が滑り落ちている


石室前部が崩壊、前は溜池なので正面には立てない


石室後部は良好に残存、単独で存在する割には石室は小型、あるいは溜池に沈んでいるのがあるかも


奥壁は3段積み、こんなに整然と積んでいるのは意外と少ない


奥から外



43号
枯れ木に覆われた開口部


掃除後、友達にやってもらいました、他の2基も同様


石室は半ば埋まるも奥壁まで見えている


ストロボ撮影、奥壁下が埋まるが3段積みかな


奥から外、天井石が一段下がる


入り口辺りにある薄い石材

44号
藪に覆われ天井石露出


こちらが正面、入り口埋没


天井石は板状でかなり大きい


天井石が傾くが奥は残っている


石槨のように見えますが偶々でしょう


45号
位置:34°43′02″N 133°49′40″E
ほぼ石室露出、掃除後


石室正面


後部は良好に残存、側壁は持ち送りなし


奥壁はほぼ1枚石


奥から外、無袖でしょうか



46号
位置:34°43′16″N 133°49′53″E
畑の斜面に石材露出


一応石室らしく見える


単独にしてはそれ程大きそうにないし次の数字が51号だからこの付近に他にもあったかも



51号
天井石が露出、大分動いているようだ


こちらが正面、前部も崩壊


巨石天井石が傾き側壁一部だけ元の位置


52号
天井を失った石室露出


掃除しました、これは私の仕事


後方から、割と長い石室


奥壁は2段積み


側壁上部に長い石


53号
大きな天井石露出、入り口埋没


隙間から撮影、土砂流入も意外とよく残る


55号
位置:34°43′22″N 133°49′41″E
隙間開口


カメラを突っ込むもここは羨道のようだ、玄室も残っていそう



56号
位置:34°43′23″N 133°49′46″E
開口部、ここは奥壁側


カメラを突っ込んで撮影、入り口が開いているのでそちらに廻ると


開口部は藪状態


でも石室内部は植物の侵入はなし


長い石室、側壁は大型石材の上に平石を重ねる


巨石1枚石の奥壁、右奥側壁だけ立石となっている


奥から外、ここも単独立地で石室大型


(見学記)
(15年)
北区横尾、山間部にあるやや広い谷筋周辺の丘陵一体に分布する50基以上からなる県内でも有数の古墳群です。それにしても現在でも小さな田圃が広がる程度の場所で当時も大きな生産力があったとも思えずこれ程の古墳群が長期間築かれたのか不思議です。しかも群集墳にありがちな小型の石室ばかりではなく28号などは大型石室で単独で名前が付いてもおかしくないような石室です。56号は無袖式の長い石室がありこの古墳群の中でも最後発組でしょうか。古墳群全体がかなり広い場所に散っているので全部見るのは困難、特に14,15号や43-45号などはかなり離れています。43-45号なんて別の古墳群としてもいいんじゃないかと思うくらい離れてますね。横尾公民館や溜池脇などそこかしこに駐車可。

(16年)
昨年訪問しきれなかったので再訪、なんとか探し終えました。でも14,15号は探しだせずかまどねこさんに応援を頼みましたがそれでも分からず。6年前の訪問だそうなので植生が大きく変わっているのかもしれません。でも捜索の過程で新たに3基の古墳を見つけたからまーいいか、あまり状態は良くないですけどね。あらためて分布図を見ると谷状地形の周囲丘陵に小グループがまとまって存在していて専門家なら細かく支群に分けそう。溜池際にあるのもあってひょっとしたら水没している古墳もあるかもしれません。そんな中で28号や56号は単独で存在していて石室規模も大きく盟主墳でしょうね。それならば横尾大塚古墳や才ノ神古墳も横尾古墳群に入れてもよさそうですけどね。長坂古墳群は横尾の他のグループと違って横に並んでいるし尾根筋南側で谷が見えないから別の古墳群でもいいかな。となると横尾43-45号も別の古墳群でいいかなとも思いますけどね。ここはかまどねこさんの分布図を持っていけば極端に難しい場所はなく中に入れる石室も幾つもあって探しがいのある古墳群です。
[ 2017年10月12日 19:09 ] カテゴリ:岡山県 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋ブログ館
へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です
プルダウンリスト
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります