古墳のお部屋ブログ館 TOP  >  岡山県 >  龍泉寺西谷古墳群

龍泉寺西谷古墳群

岡山県岡山市北区 2016年3月訪問、17年1月再訪

5号
横穴式石室
低い墳丘が残る、石室前部天井壊失


中程に開口、大変狭い


細長い石室が残る、最前部からだとかなり長そう


奥壁は2段+平石


奥から外、まぐさ石が下がる、無袖かな


6号
横穴式石室、玄室長5,幅1.3,高1.1m(現状)
位置:34°42′42″N 133°49′39″E
広場の側に保存、でも目立ちません、石室前部崩壊


かなり埋まった開口部


やや埋まるも玄室割と良好


7号
横穴式石室
位置:34°42′44″N 133°49′36″E
人工の崖の上に残る、よく見ると墳丘が何とか分かる


横から見た墳丘


背後から、比較的残る


石室正面は埋没


中程天井部が開口


石室後部は良好


特徴的な三角形の鏡石


奥から外、ここもまぐさ石が下がる


見学記
(16年)
龍泉寺南側に分布する古墳群、寺南側グラウンド西端辺りにあるのが6号、目立たない場所に表示板が立っています。”円形古墳”と書かれていてないよりはマシな程度ですが。墳丘は割と残っていて西向きに開口、入口辺りが埋まっていて入りにくいですが奥壁が見えていて四角い鏡石+平石1枚です。この日は案内して貰ったが時間が無かったので見やすい6号だけ見て他は廻りませんでしたが帰ってから古墳奮闘を見てみると残りの2基も入りづらそうだけど奥壁まで見えているじゃないか。こりゃ再訪しなくてはいけないかな。寺に駐車場あり。

(17年)
5,7号を見てなかったので再訪してみました。龍泉寺駐車場南側に溜池があり土手を西に渡ると正面やや左側崖の上に石室入り口の石材が見えています、これが7号。崖と言っても低いので登るのは容易、丸いこじんまりした墳丘が割と残っています。石室入り口は土砂で埋まっていますが天井部に隙間がありそこから入室可、細長い石室で奥壁は小型ながら3角形のほぼ1枚石、玄門は天井石を一段下げた無袖式のようです。南西20mの所にあるのが5号ですが7号からは墳丘は見えません。こちらもこじんまりした墳丘が残り細長い石室が残っています。羨道天井部は壊失していますが玄門辺りが開口、かなり狭いですがコフニスト的には激狭という程ではない。でも入り口を掃除した際小さな切り株を残してそれが引っかかりちと苦労しました。奥壁は同大の石2段+平石、玄門は7号と同様天井が一段下がった無袖式です。
[ 2017年10月26日 18:22 ] カテゴリ:岡山県 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋ブログ館
へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です
プルダウンリスト
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります