古墳のお部屋ブログ館 TOP  >  岡山県 >  大窪天神古墳(仮称)

大窪天神古墳(仮称)

岡山県岡山市北区 2016年3月訪問

横穴式石室
位置:34°41′17″N 133°51′17″E
石室正面、大きな天井石露出、前上部はかなり破壊


横から見ると墳丘が多少残る


右前部、墳丘端が直角になっている、列石もあるようだし削られたのではなく方墳か


玄室内部、側壁の面が整えられている、奥壁はほぼ1枚石


奥から外、それ程奥行きはない


その2
_1:名前は古墳ですがすぐ近くにも低い墳丘を持つ古墳があった


その3
更にもう1基


前部が破壊された石室


石室正面、特徴的な天井石


石室後部が残る、石材は小型、奥壁は3段積み


奥から外、一応入れる程度


大窪古墳群】(仮称)
これも近くにある別の古墳群ですが別立てする程でもないので一緒にアップ

その1
僅かな高まりの墳丘


石垣のような石列、羨道か


もう少し大きな石材、形からして左側が石室内部のようだ


反対側にも側壁らしい石材がある


その2
天井石らしい石材露出


こちらが奥壁側でしょうか


見学記
岡山市北区大窪、大平山に登る途中に右側斜面の林の中にあります。林に入る明瞭な山道がないので分かりにくいですがこの時はかまどねこさんに案内してもらいました。斜面に構築された古墳は南側に開口、切り石のような台形状の天井石が露出して開口しています。現状全長4.8m程、無袖式でしょうか。奥壁は1枚石、側壁の面も整えられています。墳丘全面は直線的で左右のコーナーも直角のようで方墳かもしれません。斜面左上にもう1基あってかまどねこさんもこれは初めてだったようです。こちらは屋根形をした天井石が露出、石室は一回り小さく奥壁も3段積みです。この下の方にも小さな円墳があり古墳群を形成しているのかもしれません。

大窪天神古墳下方に大窪古墳群(仮称)があります。大平山から下って行く途中かまどねこさんが不意に脇の小道に入っていったので何だろうと思って付いて行ったら古墳がありました。かまどねこさんも初めてだったそうで操作能力の凄さを垣間見せられた瞬間でした。割と大きな墳丘が残っていますが大きく盗掘され側壁が見えている程度ですが割と長そうです。この上方尾根筋にも露出古墳があり群を形成、他にもありそうです。
[ 2017年11月16日 19:07 ] カテゴリ:岡山県 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋ブログ館
へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です
プルダウンリスト
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります