古墳のお部屋ブログ館 TOP  >  岡山県 >  打越塚古墳群

打越塚古墳群

岡山県岡山市北区 2017年1月訪問

6基

1号
横穴式石室、玄室長5.2、幅2.1、高1.8m(現状)
位置:34°42′14″N 133°52′12″E
尾根上に大きな墳丘が残る


開口部、左に見えているのが袖石、羨道殆ど壊失


長い玄室が良好に残る、側壁は殆ど持送りなし


床面に石材散乱、石棺でしょうか


中央部の散乱石材、奥のは撮り忘れていた


奥壁は2段積み


奥から外、右片袖式


2号
横穴式石室、玄室幅1.4、高1.5m(現状)
位置:34°42′13″N 133°52′14″E
斜面に立地、ほぼ裸の状態、倉庫に使われていたのかゴムシートがかかる


正面から、板状に加工された天井石


東側から


石室内部、奥に見えているのは真っ二つに折れた天井石


天井後部、画面右端に見えているのが最後部天井石、その前のが折れて落下した天井石


これが奥壁、2段か3段か


5号
横穴式石室
石垣の上に開口、ずっと3号と思っていたが違っていた、5号でした


開口部正面、多少掃除しました、羨道殆ど壊失


羨道左側壁が多少残る、右に袖石


玄室は良好に残る、1号と同規模


鏡石らしい巨石を据えた奥壁


奥から外、左片袖式


(見学記)
北区芳賀、万成塚古墳北側に分布する6基からなる古墳群ですが見学可能石室は3基かな。万成塚北側溜池土手を渡って竹林の中に入ると左手に大きな高まり、そこを登っていくと1号があります。尾根状地形先端を整形して構築、墳丘もよく残っています。南西に開口、羨道はかなり崩壊していますが玄室完存、袖石を立てた右片袖式奥壁は2段積み側壁はほぼ垂直点状のレベルも揃い後期仕様を思わせます。玄室内に板石破片が多数あり箱式石棺があったのでしょうか。一度下に下り竹林を更に進んでいくと竹林端辺りで2号があります。墳丘流失石室ほぼ露出、これも巨石ですが奥の天井石が真っ二つに割れて内部に落下して奥壁がよく見えません。ゴムシートがかかっているのでかっては物置として使われていたようです。2号のすぐ北東藪の中にあるのが3号、石垣の上に開口しています。羨道はかなり破壊され側壁の一部しか残っていませんが袖石が残り左片袖式だと分かります。玄室は完存、奥壁はおむすび型の鏡石+平石、側壁は僅かに持ち送りされています。1号とほぼ同規模の石室です。万成塚の側に駐車可。
(追記)ずっと3号と思っていたけど違っていました。5号でした。
[ 2018年03月08日 18:23 ] カテゴリ:岡山県 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋ブログ館
へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です
プルダウンリスト
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります