古墳のお部屋ブログ館 TOP  >  岡山県  >  倉敷市 >  酒津山相生坂古墳群

酒津山相生坂古墳群

岡山県倉敷市 2016年3月訪問、17年4月再訪

横穴石室墳十数基(13号以下は仮番号)

1号
横穴式石室、玄室長5,幅1.7,高1.9m
位置:34°36′36″N 133°44′29″E
墓地の手前に大きく開口、でも見学しやすいのはこれだけ


石室正面、羨道完全に壊失


大きな玄室が良好に残る、開口部が大きくすこぶる明るい


変わった組み合わせの奥壁、左のが一応鏡石か、上部の尖りは敢えて残したか


奥から外、無袖でしょうか


奥から左、側壁の面が揃っている


反対側、こちらはかなり不揃い、如何にも削ったような跡が残っているのもある


3号
横穴式石室、玄室長6.2,幅2,高1.8m
位置:34°36′35″N 133°44′15″E
石室正面、墳丘石室とも割と良好


長い玄室が良好に残る、中間辺りに割と新しい土砂が堆積


中間辺りから奥


奥壁はほぼ1枚石


奥壁手前に分厚い敷石がある、石棚ではなさそう


奥(画面左側)にもう1枚ある


奥から外


まぐさ石が一段下がる、右片袖かな


墳丘横から、左が開口部、上部が平坦で少し削られているかも


4号
墳丘は殆どなく天井石2枚露出


天井石がずれて開口


石室は意外と良好に残る


奥壁はほぼ1枚石


5号
群中最小クラスの石室、前年は谷筋を通ったため見落とした


石室露出、保存状態は良さそう


反対側、側壁は露岩をそのまま利用しているような


内部は大人が横たわるのがやっと程度、天井や左側壁は平面だが右は突出部分がある、このままでは遺体を入れにくそうだけどね


小さいが割と深い谷脇に立地、当時もこんな状況だったのか、谷がもっと小さかったか


6号
斜面下方、墳丘はハッキリしない、林の中に入ると最初に出会うがこれを見つけたので却って迷路に入った


一見良好そうな開口部


内部はかなり埋没&崩壊、余計なパイプが入っているし


13号
開口部横から


石室正面、天井石の大きさの割に開口部が狭そう


ここも長い石室が良好に残る、3m程度


奥壁は2段積み


奥から外、無袖のようです、まぐさ石が一段下がる、下の出っ張りを切り落とせばスッキリするのにね


14号
かなり崩壊した石室


天井石は動いているもよう


石室どの辺りかも判然とせず


15号
ここもかなり崩壊した石室、右が側壁で左が傾いた天井石かな


一見奥壁に見えますが


側壁のようです、左側の石がそれ


16号
最奥にある、墳丘も多少残る


石室正面、石室も植生も荒れている


奥の方で天井石が並んで露出


天井隙間から内部が伺える


土砂が流入するも何とか奥壁が見えている


最奥天井にも隙間、奥壁が見えている


見学記
(2016年)
倉敷市酒津、十数基からなる古墳群です。山陽自動車道水江トンネルと酒津トンネルの間の南側に墓地がありその一角に1号があります。広い墓地ですが東端にあるしすぐ分かります。以前は笹薮だったようですがこの時はすっかり裸の状態、大きな石室が開口しています。全長5m程ですが幅1.7,高1.9mもあって内部はかなり広い印象です。奥壁は上部が尖った鏡石に右側に縦長の石、更に上部にブロック状の石を重ねています。全体に石材の表面加工度が粗い印象を受けます。墓地南側の道を進んで高速下をくぐると小さな砂防ダムがあり階段を登って山林に入っていきます。入ってすぐ左手の斜面を登ると6号、小さな開口部が見えていますが内部埋没、プラスチックパイプがあったりしてよく分かりません。谷部を進んでいくと緩傾斜地にあるのが3号、墳丘もよく残っていて南側に開口、全長6m程の石室です。奥床面に2枚の巨石平石があります。どう見ても左右の側壁に食い込んでいないから石棚ではないし下に空間があるようだから敷石でもないし棺台なんでしょうかね。後世にこれを入れるのも無理なようだし。すぐ東側に4号天井石が露出、内部は殆ど埋没していますが何とか奥壁が見えています。1号は超楽勝だけど3号以下は探すのが大変な古墳群です。探しそこねたのもあるので再訪決定。墓地に駐車スペースあり。

(2017年)
前回は奥の4基と5号を見逃していたので再訪しました。去年は入りにくかった入口辺りも随分楽になっていた、更に奥にも赤いテープが貼られている、古墳の為にしては多すぎるし奥も14号辺りまでしか無く不十分、とは言え他の目的も考えられないしな。それはともかく去年は見逃した5号もあっさり見つかる、正面から見ると小型ながらはっきりした石室だけど谷川から見るとただの露岩としか見えません。去年は谷筋を歩いてきたかもです。殆ど子供用かと思われるけど入り口にははっきりした仕切り石もあります。墳丘もあったんでしょうけど現状では右側は谷になって落ちている、当時は谷はまだ狭かったんでしょうか。奥の4基も5号からすぐの距離、なんで昨年見逃したかな。ただ入室可能なのは13号だけ、14,15号は埋没、最奥の16号も殆ど埋没状態です。一度で見学負えないといけないレベルでした。高速道を潜る手前に墓地駐車スペースあり。
[ 2018年12月20日 18:40 ] カテゴリ:倉敷市 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です/漢字表記の違いで古墳名で検索すると出てこないことがあります、その時は市町村名で検索してみてください
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR