古墳のお部屋ブログ館 TOP  >  岡山県 >  殿砂古墳群(仮称)

殿砂古墳群(仮称)

岡山県総社市 2017年4月訪問

(番号も仮称)

1号
横穴式石室、全長7.2m、玄室長5.2,幅1.7,高1.6m(現状)
位置:34°40′14″N 133°39′14″E
下を通る山道から大きな墳丘と開口部が見えている


墳丘上の方で東向きに開口、天井が少し傾いている


石室は良好、左の袖、上にまぐさ石がある


やや土砂が流入するも玄室良好、側壁はやや内側に傾く


奥壁はほぼ1枚石、上部が丸い


奥から外、右片袖式


2号
横穴式石室、玄室長3.5,幅1.4,高1.3m(現状)
位置:34°40′15″N 133°39′14″E
1号北側、こちらも大きな墳丘が残る


狭い開口部だが入るのはそれ程困難ではない


石室も良好だが右が少し圧迫されているかな


奥壁は平石積み


奥から外、左に袖があるかな、側壁は右真っ直ぐ左傾くのでやはり歪んできているようだ


墳丘背後から


4号
横穴式石室
位置:34°40′13″N 133°39′12″E
尾根筋先端麓辺りに立地、手前に天井石が崩落している


細長い石室だが天井は殆無し


最後部だけ天井がある、奥壁も土砂で隠れている


細長い石室を上から


5号
4号からの帰りに見つけた、後方に見えているのが1号


まず石室でしょうね


右が奥壁、左が側壁か、だとすると南向き、1号と向きが異なる


6号
4号近く、これも石室かな、微妙だけど、そう思った人がいるらしく右上に盗掘跡がある


見学記
総社市新本、新本小学校北東600m辺りに殿砂神社がありその北側谷奥にある古墳群で石室3基見られます。神社東側100mの道路を北上すると突き当りになるのでそこに車を止め渓流沿いの山道を奥に入っていきます。最初に出会うのが1号、急斜面下方に築かれた墳丘はよく残っていて南向きに開口、羨道天井石が露出多分羨門でしょう。内部はやや土砂が流入気味ですが羨道玄室ともよく残っています。奥壁は巨石1枚石、右片袖式で羨道天井は一段低くなっているようです。北側50m辺りにあるのが2号、大きな古墳だったので初めは尾根先端かと思ったけど上の方に石室があり墳丘でした、多分下の方は地山でしょうね。こちらも石室はよく残っているが開口部は狭い、羨道に比べて玄室の方が幅広くなっていますが袖部ははっきりしません。奥壁は平石を何段かに重ねていて1号より古そうです。1号南西50m辺りにあるのが4号、石室上部はかなり破壊、天井石は最高部の1枚しか残っていません。ここから1号に戻ろうとしたら墳丘の手前に小さな石室がありました。奥壁と左側壁の極一部しか残っていませんがどう見ても石室だよね。ここは谷奥ですが来るのもそれ程困難ではなくお得感のある古墳群です。因みに殿砂は”とんざこ”と読むようです。
[ 2019年02月07日 18:57 ] カテゴリ:岡山県 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です
プルダウンリスト
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります