横山古墳群

岡山県岡山市北区 2018年1月訪問

(番号は全て仮称)

1号
竹が生えた場所に僅かな高まり


石材一部露出、天井石か、内部埋没


2号
以前は石室が露出していたがすっかり藪になり僅かに石材が見える程度


3号
横穴式石室、玄室長2.2,幅1.5,高1.2m
畑段差部分に石室露出、ガラス温室はなくなっている、後方竹林の中に4号がある


側壁の積み方の様子がよく分かる


正面から、側壁上部の平石が突き出ているのがわかる


内部はそれ程埋まっておらず奥壁ほぼ1枚石


4号
横穴式石室、玄室長4,幅2.2,高2.2m
位置:34°43′53″N 133°54′26″E
竹林の中に墳丘が残っているように見える、これは奥壁側から


反対東側が開口、羨道前部壊失、墳丘の上は古木が生える


石室正面、天井石は平石


羨道から玄室、天井石は1枚かな


玄室はまずまず良好


奥壁上部の石が抜かれ天井も傾いている


奥から外、左片袖式


側壁は基本的に平石を積み重ねる、前の写真ではわかりにくいが入り口の天井が一段下がる


反対側は基部だけ巨石で他はやや小型の石材


石室後部露出状況、側壁材が突き出ているのがわかる、やはり封土からかかる力を分散させる為でしょうか


奥壁背後から、古木がなかったら石室完全露出していたかも


6号
横穴式石室、石室長2.8,幅0.6,高0.6m
石室開口部、墳丘は僅かに残る程度


石室正面


石室内部、人一人がやっと横たわる程度の広さ、それでも奥壁は1枚石


7号
横穴式石室、玄室長5.5,幅1.5,高1.8m
位置:34°43′58″N 133°54′27″E
山道脇に石室開口、手前は落下した天井石か、以前はこの石が開口部を塞いでいたようだ


開口部、前部が壊失しているようだ


割と背の高い玄室、側壁はやや持ち送り


〃縦位置


奥壁は四角い鏡石を据え上に平石を重ねる


奥から外、前部を失っているが無袖っぽい


墳丘は割と残る


見学記
北区吉宗、山裾辺りにある古墳群ですがすぐ西側を岡山北バイパスが通っているので却って近寄りづらくなっています。南側に吉宗公園という小公園があり狭い道を北に行くと左に送電塔、その辺りから林の中に入ると7号(番号は全て仮称)、山道脇にあるのでそちらから入る所があるかもしれない。古墳奮闘では石室前に天井石が塞いでいますがこの時は下までずり落ちていました。石室そのものは良好。ここから林の中を南下して行く、露岩がゴロゴロしているし石垣状に積み上げたのが幾つもある。南東側民家近くにあるのが6号、上から見ると小さな高まりなので違うだろうと思ったが下から見ると小さな石室が開口しています。人一人入れるのがやっとの石室、石槨とでも言いたくなりますが一応奥は小さな奥壁となっています。更に林を南下、途中に5号があるはずだが奥壁だけのようで見つけるのはまず無理。更に南下すると林に竹が混じり始め廃温室があります。その西側にあるのが4号、東向きに開口した羨道の短い石室、上に高木が何本か生えていて少し異様な雰囲気です。それにしても殆ど封土がないのによくこんなに高くなれたな。玄室は巨石を使った左片袖式、奥壁上部の石材が抜かれていますが全般に良好、でも背後から見るとかなり危うい状況です。ここから藪を抜けると廃温室があるはず、なんだけど何もない、どうやら解体されたようで跡が残っているだけ、更にその下の温室もきれいサッパリなくなっています。この周りに3基の石室がありますが南側のが3号で巨石石室後部が残っていますが内部は藪状態、西側の2号は藪の中、北側の1号も板状の天井石が分かる程度です。本来ならこの温室が目印になるんですがなくなっているので一番北側の7号から探した方が楽かな。公園脇の道がやや幅広くなっていて駐車可。

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
最新記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

各県市町村別
最新コメント
リンク
QRコード
QR