杉尾古墳群

岡山県岡山市北区 2018年1月訪問

1号
位置:34°40′26″N 133°50′33″E
丘陵麓に神社拝殿、ここが一応登山口


背後に小さな祠のような社殿、その脇に天井石露出


天井石が直線的に並ぶ


背後から


横から、あまり石室らしく見えない


2号
藪に包まれた墳丘


反対側に開口、天井石が傾き内部埋没


3号
神社から東に伸びる道を歩くと下方に天井石露出


開口部側、内部埋没


これは奥壁じゃなく最奥の天井石


4号
道を更に行くと石室の上を通っている


露出した天井石、枯れ葉が邪魔


石室前部崩壊


ここも内部埋没


6号
横穴式石室
位置:34°40′32″N 133°50′30″E
1-4号と違いこちらは丘陵中腹に立地


谷筋に向かう斜面に天井石露出


石室中程で開口


石室は良好に残る、側壁はほぼ垂直で3段積みと揃っている


奥壁は四角い1枚石


奥から外、入り口の天井が下がっているかな


奥から左側


反対側、個々の石材はそれ程面が整っていない


墳丘はそこそこ残る、石室の位置と多少ずれていますが


7号
横穴式石室
6号南東に小型石室露出


後部しか残っていない


石室内部、長さ1m程残存、奥壁上部の積み方が随分雑


左側は1枚石


側壁は更に外側まで突き出ている、天井石と側壁は立派だけど奥壁との差が大きい


墳丘は殆ど残らず


見学記
北区吉備津、鼓山中腹や山裾に分布する古墳群です。JR吉備津駅西北西500m、山の麓に山神社があり小さな祠の脇に天井石が露出しているのが1号、あまり大きくなく並んでいなければ天井石とも思えません、内部は埋没。ここから東、山裾に沿って山道があります。右手下林の中に点々と墓地がありそれがなくなる辺り、見通しのいい場所の下方に露出した石室が見えています。これが3号、内部は埋没していますが天井石が板状でレベルが揃っていて埋没していなければさぞかし見事でしょうね。奥壁は1枚石の巨石のようで上部が天井石より高くなっているのがちょっと変わっている。このすぐ西側にあるのが2号、ここも石室露出していますがすっかり藪に覆われています。板状の天井石が見えているがかなりの巨石のようだ。山道を更に進むと4号がある。巨石天井石が露出しているが内部埋没。山神社に戻って鼓山登山道を登っていく、途中小さな橋があり旧登山道の表示があるのでそこから林に入る。旧道とは言え道は無いに等しいが疎林なので谷筋を左手に見ながら登っていけば6号に至ります。斜面をカットした大きな墳丘が残っている、手前の天井石が落下して開口、奥の天井石も巨石、石室後部5m程度が残っていて奥壁は巨石1枚石です。すぐ南側に7号がありますがこちらは打って変わって随分小型、墳丘も殆ど流失しています。露出している天井石に比べて内部空間は随分小さい、少なくとも倍くらいの幅にしても余裕なんですけどね。左側壁は1枚石、右基部も同様だけど奥壁だけは小型角状石材を積んでいる、なんだかチグハグな石室です。鉄道踏切を超えた右側辺りに駐車スペースあり。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
最新記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

各県市町村別
最新コメント
リンク
QRコード
QR