古墳のお部屋ブログ館 TOP  >  福岡県  >  福岡市 >  夫婦塚2号(夫婦塚古墳)

夫婦塚2号(夫婦塚古墳)

福岡県福岡市西区 2018年2月訪問

夫婦塚2号(夫婦塚古墳)
円墳、R30、6C後半
横穴式複室石室、全長11.5m、羨道長3.45,幅1.4、前室長2.2-3,幅2,高2、後室長3.6,幅2.45,高3.1m
位置:33°31′21″N 130°18′41″E
墳丘北側の竹林が伐採されています、墳丘はよく残っているようです


基壇のように残っているのは元の地面でしょうか


南向きに開口、前が谷なのであまり下がれません、石垣は後世のでしょうね


石室正面、羨道は天井を失う、ハの字型に開いているような、手前の石列はなんでしょう


前室入り口、立ったまま悠々入れる


前室玄門、右は袖石になっていますが左は壁面に埋め込まれているような


〃縦位置、前室天井は他とレベルが揃っている、床面に大きなしきみ石


前室、ぶれるのでカメラを地面に据えて撮影


前室右側壁、巨石1枚だが殆ど引っ込んでいない


〃左側、同じく巨石だが形状が随分違う、こちらはやや引っ込んでいる


巨石で構成された玄室、奥行きはそれ程でもない、奥壁も側壁も天井石も巨石1枚石


〃縦位置


天井石


奥から外、両袖式


〃縦位置、巨石のまぐさ石


前室奥から


前室、奥から左方向、手前の袖石、平面に削られているような


〃右方向


近くに1号があったようです(説明板より)、消滅のようで今は影も形もない


見学記
福岡市西区金武、かなたけの里公園があり公園内ではないですがその西端辺りにあります。径30m高4.5mの大きな墳丘が残っています。前が谷になっていてそれを見下ろすように立地、南に開口する複室石室です。全長11.5m、羨道前は少し開き気味のようです。前室玄門は右は普通の柱状ですが左は壁状と左右非対称、下にはしきみ石があります。前室は天井は高くなく(それでも十分高いですが)右側はそれ程引っ込んでいません。玄室に入るとこれはもうただただ驚き、左右側壁奥壁天井石も1枚で構成されそれでいて高さは3.1mと高い、巨石で構成された石室はままありますがこれ程の巨石はそうそうあるものではありません、凄いの一言でした。説明板の写真によれば近くに1号石室基底部が残っていたようですが現在は跡形もありません。比較的最近まで残っていたようですけどね。グーグルマップで見てみると前の道路が狭そうだったので公園駐車場に停めて歩いてきましたが車を停めるのに問題ないくらい広い道路だった(汗)、300m程度ですけどね。市史跡。
[ 2019年05月02日 18:53 ] カテゴリ:福岡市 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
旧市町村名は頭に旧をつけてから検索してください/検索で市町村名が出てこないときは頭に県名を付けると出てくることがあります/市町村名で検索するとスポンサーリンクを検出することがあるので県名をつけて検索した方が効果的です/漢字表記の違いで古墳名で検索すると出てこないことがあります、その時は市町村名で検索してみてください
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

クリックして貰うと励みになります
各県市町村別
QRコード
QR