迫間古墳群

兵庫県朝来市(旧山東町)2018年3月訪問

横穴石室を主体部とする群集墳、確認だけで35基
(古墳番号はHP「大和國古墓取調室」に従う)

1号双室墳南群(クリックでジャンプ)

【北群】
南群から見た北群、中央の家が某宗教法人施設、背後から左側一帯に分布


(原則東から西、見学順にアップ)
(東端一帯は後からもう一度見学したので番号がやや乱れている)

その1
背後から見た墳丘


石室後部と天井石1枚残る


小型石材の奥壁、コーナー上部は丸みを帯びている


その2(仮19号)
墳頂部に破壊石室露出


これは石室とわかりやすい


一応奥壁上部が見えている


その4
はっきりした墳丘


最後部の天井石


奥壁上部が見えていた


その5
急斜面に立地


天井石露出、動かされているかも


その6
盗掘で上部が窪んだ墳丘


その7
この辺りでははっきりした墳丘、右の石材は石室材のようだ


盗掘で石室破壊


その28
これも急斜面に立地


この辺りにしては石室が残っている方


奥壁


上から、細長い石室


その29
墳丘上から


その30
取り敢えず撮ってみる墳丘


天井石露出


その31
これも割と残る墳丘


天井石露出も乱れている


隙間があるので覗いてみる


その32
これは斜面下の方、背後に見えているのが多分その8


天井石露出、小型で細長い石室のようだ


その8(6号)
この辺りからはっきりした墳丘&石室が続く


墳丘背後から、石材は外護列石それとも地山の石


下方、南向きに開口


開口部正面、羨道前部は破壊


開口部から見た石室内部


玄室縦位置


奥壁、その1よりは大きくなっているがまだ巨石と言う程ではない


奥から外、両袖式


〃縦位置


その9
盗掘で上部が窪む


僅かに石材露出


その10(7号)
良好に残る墳丘、石材は関係あるかどうか微妙


墳丘上方から


狭い開口部、入るに問題なし、正面から墳丘撮るの忘れた


開口部から覗いた石室内部


側壁は若干持ち送り


奥壁石材は側壁と変わらず


奥から外、僅かな幅の両袖式、左に歪んでいるようだ


縦位置、床面の石材はなんでしょう


その11
墳丘は残るが上部が平らになっている


やはり盗掘で上部が窪んでいる


その12(8号)
上部が平でいかにも盗掘を受けていそう


_1と反対側から


正面側


上部が窪み石材露出


石室後部が残っていました


右側壁


左側壁


その13(9号)
乱れた墳丘


正面から、大分掘られて開口


内部はかなり埋没、奥壁が抜けトンネル状態


奥壁側開口部


その14
緩やかな高まり、やはり上部が窪む


その15(10号)
斜面をカット盛り土して作られた墳丘


南側に開口、腹這いで入る必要がある


開口部から見た石室内部


玄室完存、やや背が高い


奥壁下部に三角形の鏡石、他はそれ程石材は大きくない


奥から外、幅の狭い両袖式


〃縦位置、左側の石材はなんでしょう、石棺があったのか


その16(11号)
その11下方、同様の墳丘


南側に大きく開口、前部は破壊されているようだ


玄室完存、石材が大きくなっている、持ち送りもない


奥壁は1枚石、1枚だったのはこれだけ


〃縦位置、天井石も巨石、2枚かな


奥から外、両袖式、右袖は僅か


〃縦位置


その17(3号)
いかにも墳丘を思わせる笹薮


南側に開口、屈めば入れる


羨道後部と玄室


玄室完存、石材が大きくなり持ち送りがある


鏡石らしい三角形の巨石


持ち送りがあるので天井幅がやや狭くなる


奥から外、両袖式、両袖は1本の立柱石


ここにも謎の石片


その18(1号)
位置:35°17′17″N 134°51′28″E
宗教法人敷地内に大きな墳丘、周りは現代の石垣


開口部正面、右は羨道石材のようだ


玄室完存、持ち送りのない側壁、奥壁は下部が埋まっているが巨石のようだ


〃縦位置、天井石は巨石


奥から外、両袖式、まぐさ石が巨石


〃縦位置


その19(2号)
同じく宗教法人内に良好な墳丘


開口部正面、大分埋まっている


玄室完存、持ち送りは殆どない


奥壁は巨石2段積み


奥から外、両袖式、左右の袖石の大きさが違う


県道から見た墳丘


その20(12号)
斜め後方から見た墳丘


南側に開口、石室前部破壊


奥壁鏡石は三角形の巨石、持ち送りのない側壁、測量した跡がある


奥から外、無袖式のようです


その21
墳丘は良好に残るが


石室埋没


その22(13号?)
枯れ草に覆われた墳丘、この辺りは調査が行われたようで林を伐採、でもその後放置されすっかりこんな状態です


南向き開口のが殆の中でこれは西向きに開口


石室は意外と良好に残る


基部にやや大きな石材を据える


奥から外、無袖のようです


その23
これも枯れ草に包まれた墳丘


内部は埋没、奥壁が何とか見えている


その24(14号)
双室墳
位置:35°17′16″N 134°51′22″E
県道に案内板あり、古墳は後方藪辺り、これだけで見つけるのは難しそう


県道から見た様子


石室を2基持つ双室墳、でも草茫々で双室の様子が台無し


東石室開口部


やや幅の狭い石室


側壁ははぼ垂直


〃縦位置


手前の石材はなんでしょう、石棺?


奥壁は巨石ではないが鏡石+平石


奥から外、左片袖式


〃縦位置


西石室開口部


石室内部、東石室と大分イメージが異なる


奥から外、入り口が埋まっている


奥から天井、まぐさ石が一段下がり、左袖石が見えているようだ


その26
獣避けフェンスの向こうに丸い墳丘


南向きに開口、前は藪で正面撮れず


石室良好、石材がやや大きい


〃縦位置


砲弾型の鏡石がなんとも格好いい


奥から外、僅かに右袖式でしょうか


その27(仮29号)
枯れ藪を抜けた林の中に背の低い墳丘、この辺りが群西端のようです


隙間開口


石室自体は良好、さすがに入れず


奥壁は3段積み、このタイプのもこれだけか



南群
16号
位置:35°17′13″N 134°51′37″E
県道から見た墳丘、もう古墳だとすぐ分かる


北群から望遠で撮影、天井石露出、背景の木立の中に17号


東向きに開口だが埋没


僅かに隙間があります


内部は半ば埋まっているが奥壁上部が見えている


奥壁側にも隙間


奥から内部、玄門部は埋まっている


17号
位置:35°17′13″N 134°51′41″E
16号東側、墳丘が半分程度見えている


笹薮の中に石材露出、ここから入ると石室に至る


羨道は後部が残る


持ち送りのある背の高い玄室


〃縦位置


奥から外、両袖式、左袖は1本の立柱石


〃縦位置、天井は2枚かな


18号
18号側、上部はすっかり削平、古墳らしさは全く無い


仮31号
高まりが残る


巨石露出、左が天井石かな


(見学記)
朝来市山東町迫間、峠一帯に分布する古墳群です。県道277号を境に北群と南軍に分かれています。南群は疎らですが北群は密集状態、県道から南群16号の裸の墳丘が見えています。奥壁が露出隙間から内部が覗ける程度、東側に17号があり石室がよく残っています。南軍の見学はこの程度、北群は日之本教本部から西側山裾一帯に分布、宗教施設内だったり(人は全く見かけませんでしたが)獣避け柵があったりして見学はちと面倒です。個々の古墳は省略しますが西側に双室墳がありどちらの石室もよく残っています。この辺りは調査されたらしく林が伐採され裸地の状態、ススキの枯れ草が生い茂り折角の双室墳が無残な状態です。ここを見学後県道に双室古墳の案内板があることに気がついた。その先には説明板もあり県道から墳丘も見えていますが果たして双室墳と気づくかどうか。間は藪でこれだけで双室墳にたどり着くのは難しそうです。峠の十字路に駐車スペースあり。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。

検索フォーム
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
最新記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

各県市町村別
最新コメント
リンク
QRコード
QR