勝負ヶ谷古墳群

岡山県岡山市北区 2021年3月訪問

勝負ヶ谷古墳群
 横穴石室古墳群、大型石室もあるらしい
(番号はHP「古墳奮闘」に従う)
その1
 位置:34°41′01″N 133°50′18″E(日本測地系)
    34.686836 133.83568117(世界測地系)
南から行くと最初に出会うのがこれ、一見大きな墳丘のように見えます


尾根先端が削られ石室部分が突出しています


石室正面、前部はかなり破壊


奥壁はほぼ1枚石、縦長


奥行きはあまりないので左側壁


右側壁


その4
墳丘はよく残っている


極狭開口部


内部は殆ど埋まる


天井にも隙間があるが内部は撮れない


その5
 位置:34°41′03″N 133°50′22″E(日本測地系)
    34.68739148 133.83679221(世界測地系)
その4に隣接して墳丘がある


石室前部はかなり破壊


天井石が見事に割られている、多分後世のでしょうね


石室後部が残る、奥壁は1枚石、左上はひび割れのせいか


奥から外、天井も平面に整えられる


登山道からも見えています


その6
 位置:34°41′04″N 133°50′30″E(日本測地系)
    34.68766919 133.83901432(世界測地系)
自然石が露出、この辺り4基の石室が並ぶ、こういうのは近づくとたいてい本物の自然石だけど


これは本物の天井石でした、自然石をそのまま使っている


石室内部、奥壁は台形鏡石+平石2


奥から外、入れると言った程度


下から見ると低い墳丘がある


その7
右奥に墳丘のようなのがあるが石室は手前


上部を失った石室露出


石室後部、この古墳群では珍しい平石を重ねた奥壁


左前から


横から、落ちているのは天井石か


後方から


その8
開口部正面


幅の割に背が高い石室


〃縦位置


こけし型の奥壁


奥から外


〃ストロボ


その9
7と8の間に9がある、天井石殆ど壊失


斜め前から


幅は広そう


最後部だけ残る天井石、随分平石に加工


その他
その6側、斜面に巨石


下から


天井石だと思うけど


(見学記)
北区立田、常昌院周辺に分布する古墳群です。ここは見た限りそれ程大した石室もなさそうだし道も狭いので敬遠してみました。でも東側で隠里古墳群(仮称)や大平山東古墳群が新たに見つかったので来てみました。お寺の手前で大きな石室が見えています、これが1号で立って入れる程の石室、奥壁は巨石1枚石ですが前部が完全に破壊されています。この手前にも2,3号があるがパス。1号の手前から大平山に登っていく道があります。その途中溜池手前の左側林の中にあるのが4,5号、同じような規模の墳丘が並んでいて石室があります。奥のが4号で殆ど埋没隙間開口です。手前が5号で石室が大きく開口しています。更に山道を登っていき溜池後方の谷あい、山道右手に4基の小型石室があります。その内東端の8号が少し毛色が変わっていて幅の割に背が高い玄室です。この付近に古墳モドキが幾つかあります。この古墳群は総数25基からなる古墳群で中には玄室長が6mを超すのも数基あるようですがどれも行方不明になっています。常昌院墓地に駐車場有り。常昌院手前で道を間違えて太閤岩の方に行ってしまった、すぐバックで元の道に戻ったけどその際車が大きく傾いて倒れるんじゃないかと冷や汗かいてしまった(大汗)。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。
メール連絡が必要な方は↑からお願いします

ブログ内検索
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
最新記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

各県市町村別
最新コメント
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示