隠里古墳群(仮称)

岡山県岡山市北区 2021年3月訪問

横穴石室3基

その1
 位置:34°41′07″N 133°50′34″E(日本測地系)
    34.6885024 133.84012534(世界測地系)
緩斜面に立地、墳丘は殆ど無い


下方から


前は急斜面で石材が落下している


分厚い板状の天井石


天井石がずれて開口


奥壁は1枚石、側壁は平石が多い


その2
その1すぐ東側、有るかないかの高まり


下方から、前部はかなり破壊


斜め前から


微妙に残る墳丘


開口部正面、ここも分厚い天井石


石室後部はよく残る


〃ストロボ撮影


奥壁は三段積み


奥から外、無袖でしょうか


〃ストロボ無し


その3
更に東側、天井石露出


正面、天井石が大きくずれている


この天井石は板状じゃなく円弧状


石室内部、天井石底面に割った時の段差


奥壁はほぼ1枚石


奥から外、2番目の天井石は今にも割れそう


中間の天井石は平石で変わった形状、これでは前側に大きな隙間ができそうだが


石室天井後部から


(見学記)
勝負ヶ谷古墳群から大平山山頂を目指して登って行く途中、山道が左右に分かれる辺りに右手斜面に3基の古墳が並んでいます。山道から見えているのですぐ分かります。どれも小型の石室なので詳細は省くけど上に大平山、下に勝負ヶ谷と中規模古墳群に挟まれた古墳群、どんな集団がこんなとこに古墳群を造ったのか気になります。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。
メール連絡が必要な方は↑からお願いします

ブログ内検索
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
最新記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

各県市町村別
最新コメント
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示