西谷墳墓群

島根県出雲市 2021年12月訪問

西谷墳墓群
 弥生後期~古墳時代後期
 四隅突出墓6基を含む20基以上の古墳群

全体分布図(説明板より)


公園主要部分、右が北側


1号
 四隅突出墓
 2C後半
小型の四隅突出墓


反対側から、北側は失われていた、後方に2号


矢印方向から発掘時の写真(説明板より)、石列は1列


2号
 四隅突出墓、46×29×3.5m
 2C後半
 位置:35°21′23″N 132°46′55″E(日本測地系)
    35.35952249 132.7793644(世界測地系)
1号から見た2号


北側突出部、石列は2重


西側突出部、上に上がれます


南側から、手前に3号突出部、比較の為あえて人を入れてみた


3号から見た2号、出雲平野や島根半島が一望できます


内部は展示室になっています、なので残存墳丘は一部だったようです


3号
 四隅突出墓、52×42×4.5m
 2C後半
2号より一段高い位置にある


3号南側突出部、石列は2重


突出部も側辺部も石列2重


上に埋葬施設を展示、大小8基あったそうだ、右が第一、左が第4主体


4号
 四隅突出墓、47×45×3.5m
 2C末
南西側突出部、これは土盛りだけ


5号
 墳丘墓、22×17×2m
 築造時期不明
 位置:35°21′18″N 132°46′57″E(日本測地系)
    35.35813379 132.77991995(世界測地系)
4号南側、一番高い場所に立地


これは突出部はない


墳丘図(説明写真より)


9号
 四隅突出墓、62×55×5m
 位置:35°21′28″N 132°47′05″E(日本測地系)
    35.36091126 132.78214187(世界測地系)
南からの遠望、独立丘陵頂部東端に立地


最大の四隅突出墓、鳥居から上が墳丘、右側に突出があるはずだがよくわからず


南西突出部、これが一番ハッキリしている


正面から、上は神社敷地で平坦


20号
すぐ西側にある方形墳、この背後に18,19号がある


(見学記)
出雲市大津町、出雲商高東側の丘陵一帯、弥生~古墳時代前期の墳墓群で特に弥生時代の大型四隅突出墓が有名です。全国で100基程の四隅突出墓があるそうですがトップ5の内4基がここに集中しています。その内の2-4号とその周辺が復元整備され公園として公開されています。着いたのが4時頃もう日没まで1時間もなかったので復元ということもありサッサと見学しました、詳細は省くけどここからの出雲平野の眺めも素晴らしかった。少し北東に離れた半独立丘陵頂部に9号があります。上が広く平坦で三谷神社が建っています。知らないと神社建設の為頂部を平坦にしたのかと思いそう。これも四隅突出墓ですが東に偏っているせいか東や北西のは突出部があっても短そう、南西の突出だけ何とか確認できますがこれも多分そうだろうなと思う程度です。すぐ西側に3基の方墳がありますがこちらは古墳時代のもののようです。出雲弥生の森博物館が併設され駐車場があります。ここに国富中村古墳の出土遺物が展示されています。因みに読みは「にしだに」と濁ります。国史跡。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。
メール連絡が必要な方は↑からお願いします

ブログ内検索
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
最新記事
FC2ブログランキング

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

各県市町村別
最新コメント
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示