篠原古墳群

広島県府中市(旧上下町)2022年11月訪問

林際に案内板、だが特に道はない


その1
 横穴式石室
 位置:34°39′59″N,133°10′47″E(日本測地系)
    34.66961007,133.17712703(世界測地系)
尾根筋東斜面に大きく破壊された石室、石材はかなり加工されている


右斜め前方から


最後部辺りだけが残存、かなり加工された天井石


最後部正面、後方にも石材が見えるが天井石ではなさそう


天井も1、2枚だけが原位置を保つ


かなり危険な状態の側壁


崩壊寸前


後部3m程度が良好に残存


奥壁は2段積みか、末原古墳に比べて詰石が少ない


奥から外、天井席が傾き転落


内側から見るとますます危険な状態


その2から見たその1


その2
直ぐ側にその2、更に周辺を探したが見つからず


これもその1と似たような状況


内部を見たら最後部じゃなく途中だった


後方にもまだ天井石が続いていた


横から、石室内部は埋没


_2辺りを横から


見学記
上下町岡屋、これもグーグルマップに載っていました。ここも前の道路に広い駐車スペースあり。どこから林の中に入ろうかと探していたら林の中に案内板が立っていました。それに従って矢印の方向に進む、尾根筋からやや東ずれた緩斜面に2基の石室が並んでいました。手前のがやや大きく長5,6m程度、前部は天井石が傾き石室内に落下、よく残っているのは後部くらいです。天井石2枚残存、でも手前のを支えている側壁が今にも崩れ落ちそう、これが崩れたら多分天井石も落下します。すぐ北側のはやや小型、状態も悪く半ば埋没しています。4基あるようですがこれ以外見つからず。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。
メール連絡が必要な方は↑からお願いします

ブログ内検索
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
最新記事
FC2ブログランキング

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

各県市町村別
最新コメント
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示