在馬古墳群

福岡県みやこ町(旧豊津町)2023年2月訪問

6基以上
(在馬の読みを調べたが分からず、”ありま”かな)

その1
 位置:33°39′01″N,130°58′30″E(日本測地系)
    33.65357257,130.97262273(世界測地系)
麓近くの斜面に立地


下側に開口


羨道は壊失しているが複室石室


後室玄門


前室左側壁


前室右側壁


1枚石の奥壁


奥から外、明瞭なまぐさ石はない


天井も1枚石


前室奥から


その2から見た墳丘


その2
その1のすぐ隣にも同様の墳丘


墳丘上方から


下側に開口しているが埋没


その3
上の方の斜面に墳丘、右手前のは古墳ではなさそう


上方から


石室は破壊、一部のみ残存


背後にカットした跡が残る


その4
 位置:33°39′03″N,130°58′29″E(日本測地系)
    33.65412806,130.97234496(世界測地系)
これも斜面に立地だが下方でなく横向きに開口


開口部


これも羨道壊失、前室のようです


前室左側壁


前室右側壁


後室、奥壁は標準的な形状だが上の詰め石が変わっている


天井石


奥から外、奥行きがないので下がれない


後室右側壁、これも奥壁に使えそうな形状


後室左側壁


前室奥から


奥から左側の袖石、もうまぐさ石を乗せる気は全くなし


奥から前室右側


墳丘上方から


_1と反対側から


その5
 位置:33°39′09″N,130°58′26″E(日本測地系)
    33.65579452,130.97151166(世界測地系)
藪に包まれた墳丘、かなり離れて立地


反対側から、後方はゴルフ場


墳頂部に穴が開いて開口、知らずに歩くと危険


側壁、かなり高い石室


右側が玄門まぐさ石のようです


小型割石を積んだ奥壁、下部に一応鏡石っぽいのを据えている


おまけ
柵から入って最初に見かけたのがこれ、どう見ても墳丘だが偽物


直ぐ側にはこんなのもあります、さすがにこれは怪しすぎ


(見学記)
節丸古墳群
みやこ町節丸、丘陵西部にある古墳群の総称で北側から在馬古墳群、大塚北古墳群、大塚南古墳群、山口古墳群等からなりどれも10基程度、単独墳も混じっています。丘陵のかなりの部分がゴルフ場で占められ丘陵の端っこにかろうじて残っています。複室や単室、背の高いドーム状石室などタイプは色々、背の高い石室は何故か天井部が開口していることも多い。それ程大型の石室はありませんが探す楽しみがあります、探すのが大変ともいいますが(汗)。フェイク墳丘も結構あります。ゴルフ場が側にあるのでゴルフボールもたくさん落ちています、特にゴルフ場フェンス近くに多く注意が必要、注意してもどうしようもないですが。東側国道496号沿いに公園があり駐車場もあります。公園から丘陵を見ると墓地があり北側の古墳群はそこから入っていけます。小型車だとこの前でも駐車可。そのまま南側にも行けますが途中にメガソーラーがあるので通りにくい。麓に獣避け柵が巡っていてそれに沿って南に歩いていくと舗装道路が尽きる辺りに入り口があり山口古墳群はそこから入るとすぐです。柵の出入り口はたいてい何重にも紐で結ばれていることが多いですがここは針金で軽く結んでいるだけ、今までで一番楽な出入り口だった。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。
メール連絡が必要な方は↑からお願いします

ブログ内検索
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
最新記事
FC2ブログランキング

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

各県市町村別
最新コメント
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示