大塚北古墳群

福岡県みやこ町(旧豊津町)2023年2月訪問

その1
墳丘はハッキリしている


反対側から見るととても古墳には見えない、背後のカットは後世のでしょうね


その2
下方にハッキリした墳丘、浅くカットした跡が残る


近寄ると多少石材が露出


天井石のようだが隙間もなく


右奥に見えているのがその1


その3
なだらかな墳丘


下方から


僅かに石材露出、隙間開口


隙間過ぎてカメラ突っ込めず、石室内部の空間は残っているようだ


その4
急斜面に墳丘


墳丘横から


反対側から、石材見られず


その5
この辺りで次々と見つかります


墳丘は結構大きい、石室確認の為廻りを回る必要がある


下側が少し削られている


天井石らしいのが露出、もう絶望的な隙間


その6
 位置:33°38′54″,130°58′27″(日本測地系)    
    33.65162833,130.97178952(世界測地系)
最初に出会った状況、かなり加工された天井石


天井石が露出した墳丘、やっと入れそうな石室に遭遇


正面から、手前にも基部が残っている


羨道、単室かな


玄門から見た玄室、規模の割に背は高い


奥壁、下部に鏡石を据える


奥から外、左は袖石があるが右はハッキリしたのはない


奥から左


奥から右、板状の石が見えている


〃ストロボ無し


細長い天井、奥から


墳丘下方から


その6南側の尾根上に墳丘、予め撮っておきました(その9)


その右側にその8、こちらは尾根上見学後もう一度降りて撮影


その7
 位置:33°38′53″,130°58′25″(日本測地系)    
    33.65135058,130.97123402(世界測地系)
この尾根上には5基の古墳が集中、根本にあるその7、墳丘は殆ど流失


開口部正面、前にも羨道基部が残る


開口部から内部、複室のようです


前室右側壁


〃反対側、あまり前室らしくない


かなり埋まった後室、奥壁は1枚のようです、天井も高くない


奥から外、まぐさ石下部がアーチ状、加工したんでしょうか


前室奥から


その8
更に下方にその8の大きな墳丘


尾根筋下方側に開口


天井石が傾き開口部は狭い


背後の天井石に隙間がありここから入れる


内部を見ると複室でした


開口部からみた後室


そこそこ背の高い後室、小さいながらも鏡石を据えている


〃🔦


奥壁に装飾が2つ🔦


〃左側円文


右側円文、円と言うより四角い


ドーム状の天井


〃懐中電灯


奥から外


〃🔦


前室奥から、まぐさ石は天井石と兼用


前室奥から左側


〃右側


下方から見た墳丘


その9
更に下方に同規模の墳丘その9


尾根筋横から


墳頂で開口


側壁、左が奥壁、右が羨道側、竹を支えに入れるかと思ったが万が一を考えて入れず


奥壁、上部で石材を斜めに架けている


反対側側壁、右が奥壁


ここが玄門、羨道埋没


下方から、こちらに開口しているはずだが全く見られず


その10
 位置:33°38′53″,130°58′28″(日本測地系)    
    33.65135059,130.97206728(世界測地系)
更に下方に墳丘、手前に尾根筋をカットした跡がある


下に降りて撮影


ここも墳頂天井開口、隙間は狭く何も無いので入れず


奥壁、一応2個の鏡石を据えている


側壁、アングルが取れない


玄門、羨道埋没、細く見えているのは鹿の骨です


墳丘下方から、これもこちら側に開口しているはずだが


その11
尾根先端に更に墳丘、さすがにこの先は急傾斜で古墳はなし


横から、これは上も横も開口部全く見られず


その12
 位置:33°38′53″,130°58′27″(日本測地系)    
    33.65135058,130.97178953(世界測地系)
尾根筋南側斜面下方に高まり


これは古墳のようです、あまり期待せず接近したんですが


なんと下方側に大きく開口、立ったまま悠々入れる石室でした


羨道後部残存、単室のようです


玄門、まぐさ石が巨石、前室の雰囲気はない


玄室、奥壁石材は側壁と特に違いなし


〃縦位置


縦長の狭い天井、奥の方が分厚く一段下がっている


天井真下から、複室で天井にこんなに段差があるのもあまりない


天井奥から、小さいのがもう1枚ある


奥から外、袖石とまぐさ石が前後にずれている


〃縦位置


玄室奥から右


玄室奥から左


羨道奥から


石室先端辺り、これが羨門の石なんでしょうか、反対側のはないし前はもう崖のような急斜面


見学記
節丸古墳群
みやこ町節丸、丘陵西部にある古墳群の総称で北側から在馬古墳群、大塚北古墳群、大塚南古墳群、山口古墳群等からなりどれも10基程度、単独墳も混じっています。丘陵のかなりの部分がゴルフ場で占められ丘陵の端っこにかろうじて残っています。複室や単室、背の高いドーム状石室などタイプは色々、背の高い石室は何故か天井部が開口していることも多い。それ程大型の石室はありませんが探す楽しみがあります、探すのが大変ともいいますが(汗)。フェイク墳丘も結構あります。ゴルフ場が側にあるのでゴルフボールもたくさん落ちています、特にゴルフ場フェンス近くに多く注意が必要、注意してもどうしようもないですが。東側国道496号沿いに公園があり駐車場もあります。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平家蟹

Author:平家蟹
古墳のお部屋
ブログ館

へようこそ。

基本的には

と同じ内容です。
メール連絡が必要な方は↑からお願いします

ブログ内検索
市町村名、古墳名などを入力して検索してください
最新記事
FC2ブログランキング

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

各県市町村別
最新コメント
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示